「なんというか」ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 守銭奴さんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

劇場公開日 2012年11月17日
全94件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

なんというか ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

序盤でイヤになった。
序も破もみてないので、意味がわからんのも仕方ないと思うけど、旧シリーズは全部みたのでなんとなくわかるかなあ、と

まあ、わからんよね。しかし、んなことはどうでもよかった、どっちにしろわからんだろうから

旧シリーズもさっぱりだったもんな、なんで映画館まで行ってみたのか自分でもわからない。二作ともだ、精神が病んでたとしか思えん。俺がね

こっちの新シリーズはさすがに無視してたけど、序はテレビ放映で少しだけみたんだわ。
でも坂本真綾のやってるメガネの女がうぜえとにかく。ひょっこりひょうたん島かなんか歌い出したところでイライラしてみるのヤメ
わざとらしいんだよな、庵野秀明の懐古趣味というかなんなのか。どこの世界にそんな古い歌歌ってる若い女がいるか、いい加減にしろ。

このQ、はなからストーリーはどうでもいいけど、庵野監督はこれのあとかなり精神的に参ってしまったと聞いてどんだけおかしな話かな、とみてみたわけ。

やってることは同じかなあ、でもつまりはシンジ君が暴走してサードインパクトを起こし、ネルフは分裂してミサトさんたちは、ゲンドウたちとなんだかわからんが戦ってるというのでいいのか?

どうでもいいけどなあ。ネモ船長みたいだなミサト。あと鈴原トウジだっけ、の成長した妹が可愛い。

やっぱり世代の…でも最初のエヴァンゲリオンの放送は俺もまだ二十代だったがまったくはまれなかったよ意味わかんねーし。

ほんとエヴァが与えた悪影響は大きい。
大風呂敷広げてまるで話が収束しない悪習とか
途中なぜか主人公がやってることに疑問をもち、周囲と対立し始めるとか
同時期にOVA「ジャイアントロボ」があったんだが、最終巻でなぜか大作は戦いたくないとか言って悩むんだよな。急によ、しかも。これがなんで悩んでるのかさっぱりわからない、明らかにエヴァンゲリオンの影響だと思うけど。

だいたいな〜戦場でなんで戦ってるんだとか、ボクッて何なんだとか、そんなこと考えておれるかあ?
「あんたバカァ?わけわかんない敵がせめてきてんのよ?」だろ。

「ブラックホークダウン」という映画でも作戦前にいろいろ悩んでる兵士に
「そんなことは国に帰って考えろ。一発銃弾が飛んでくればそれどころじゃなくなる」そんなセリフがあったけど、実際そうだろ、死ぬか生きるかの状況では。
今じゃすっかりベテラン声優、綾波役の林原さんはまあ若気のいたりだったんだろう、ラジオでエヴァンゲリオンに参加できた感慨を語り
「ガンダムは戦ってる理由で主人公たちは悩むが、エヴァンゲリオンはさらに突き詰めて戦ってる自分たちの存在ってなんだ?というところまで踏み込んでいる。」
とかいうことを言ってたが…まさか今じゃ違うよなあ?なんかめんどくさい作品に関わってしまったと思ってもらわにゃ…

いろいろ書いたがとにかくもうやめろ、庵野秀明と言いたい。だれかに丸投げしてでもエヴァから離れないとヤバイと思うがね。
そして、「シン・ゴジラ」で高い評価を受けたのはいいことです。
おめでとう。

守銭奴
さん / 2017年9月7日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi