夢売るふたり インタビュー: 松たか子&西川美和監督、「夢売るふたり」で構築した共犯関係(2/2)

ホーム > 作品情報 > 映画「夢売るふたり」 > インタビュー > 松たか子&西川美和監督、「夢売るふたり」で構築した共犯関係(2/2)
メニュー

夢売るふたり

劇場公開日 2012年9月8日
2012年9月7日更新

西川監督は「蛇イチゴ」の宮迫博之、「ディア・ドクター」の笑福亭鶴瓶ら意外といえるキャスティングで作品を成功に導いてきた。今回の松に関しても、貫也役の阿部サダヲを含めその意外性、予想のつきにくさがポイントだったと強調する。

西川「松さんがやってくれたらどうなるの? というのがよく見えない部分があってそこが面白いんですよね。想像がついちゃったらやる意味がない感じがして。松さんもいろいろな役をやっていますけれど、うまく想像ができない霞(かすみ)がかかったようなところが(起用の)一番の理由だったかもしれない。どんなものを出してもらえるのかなあっていう期待感もありました」

そんな監督の期待をよそに、松はどちらかといえば貫也のキャラクターが気になっていた様子。だがそれも、夫を思う妻の気持ちになりきり役に入り込んでいたととらえればうなずける。

松「監督が女を描きたい、夫婦を描きたいと思っているのに、私は『これ、貫也の話でいいんじゃないですか』とか、『(序列を)貫也、里子の順番にした方がいいんじゃないですか』という頓珍漢なところに目をつけてしまいました。もしからしたら既に里子目線になっていて、夫ありきの妻みたいなイメージがあったのかもしれません。漠然とですが、もうちょっと年齢を重ねてから出合ってもいい役なのかなとは思いました。そこが難しさといえるのかもしれませんけれど」

では実際の撮影はどうだったのだろう。事実、西川監督はクランクイン前に「お2人の組み合わせで夫婦をやってみて一体何が起こるのか、私もさっぱりワカリマセーン」とコメントしている。

西川「本当にずっと一緒にいた夫婦のようにしっくりきていて、あれ? お店やっていますかって感じだったんです。2人が向かい合って見つめ合うのではなく、同じ方向を向いている姿がとても自然でした。私が書いたキャラクターがどういう顔をするかは自分の中でのっぺらぼうでしたけれど、2人のお芝居を見ているとこの人たちがお隣に住んでいると好ましいと思えるほど無垢でかわいいんです。それは2人がつくられた雰囲気だと思うから、悪いことをしているのに悪いことをしていないかのように見えるさわやかさ(笑)、それがすごく面白かったですね」

撮影は昨年10月初めにクランクアップ。松は「居心地のいい現場でした」と振り返るが、実はその先に試練!? が待ち受けていた。今年1月に1人だけのシーンが残されており、その間にフォークリフトの免許を取得しなければいけなかったのだ。

松「全体の打ち上げがあったんですけれど、私はとても打ちあがる気分になれなくて…。免許が取れなかったら、ラストシーンの作業も変わっちゃうし。本当に必死でしたよお。だから、冬の撮影が終わったときはすっごくホッとしました」
 西川「免許を取る4日間ほどは、見たことがないくらい必死な松さんが見られました。取得の成果を発揮されるシーンはいつものように淡々とやられていましたけれど、アップの時に松さんの目から涙がポロッと出たからすごく驚いちゃった」

この西川監督の“暴露”には照れ隠しなのか大爆笑で応えた松。そんな努力のかいもあったのか、充実した撮影であったことをうかがわせる笑顔も見せる。西川監督も同様で、納得した表情。そして、作品への自己評価とともに松(と阿部)に惜しみない賛辞を送った。

西川「こういうシーンを撮るはずだったのにということを一切思わない作品ができていて、ロケ場所などはちょっとイメージが違う部分もあって、どう埋めようかちゅうちょした部分もあったのに、でき上がったものを見ると一切の後悔がなかった。だまされる女性たちは皆非常にチャーミングでかわいいところがある人たちで私は愛してやまなかったんですけれど、唯一、里子のことだけはすごく厳しく育てたんです。脚本の段階から人間のもつ悪いところ、暗いところに突っ込んでいったので、近親憎悪もあり格闘しているところもあったんですけれど、松さんがやってくれたことで里子というキャラクターを愛せたんです。何回見ても里子と貫也には発見があるし、見れば見るほど好きになる。どうしても演出上のミスを見てしまうので、こんなことってあまりないんですよ」

夢売るふたり」は日本公開後、カナダ・トロント国際映画祭で上映される。各国の映画祭から出品オファーが来ているそうで、世界に向けても夢を売っていくことになりそうだ。

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

喪失と絶望を抱く者の心に寄り添う、ねじ曲がった心理サスペンス
映画評論

惨めな想いを抱えた淋しい女性たちが、誠実で優しい料理人の自己をさらけ出す言動にうっとりし、ついつい夢を託す。影で糸を引くのは彼の妻。それは店を全焼させ、困窮した夫婦が再起を懸けた資金繰りであり、騙された実感もないまま輝くことを願う彼女...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

夢売るふたり 【特装版】[Blu-ray/ブルーレイ] 夢売るふたり[Blu-ray/ブルーレイ] 夢売るふたり[DVD] カルテット DVD-BOX[DVD]
夢売るふたり 【特装版】[Blu-ray/ブルーレイ] 夢売るふたり[Blu-ray/ブルーレイ] 夢売るふたり[DVD] カルテット DVD-BOX[DVD]
発売日:2013年3月6日 最安価格: ¥4,536 発売日:2013年3月6日 最安価格: ¥3,629 発売日:2013年3月6日 最安価格: ¥2,873 発売日:2017年7月7日 最安価格: ¥14,364
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全63件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 悪と仮面のルール 玉木宏×新木優子“刹那”に刻んだ究極の愛、そして結実した“最高の価値”
  • インタビュー 戦狼 ウルフ・オブ・ウォー アジア歴代No.1ヒット作を生み出した男、ウー・ジンの「命を使って飯を食う」覚悟
  • インタビュー 嘘八百 中井貴一&佐々木蔵之介&友近“全員主役”になって作り上げた味わい深いコメディ
インタビューの一覧を見る
Jobnavi