Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち
ホーム > 作品情報 > 映画「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」
メニュー

Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち

劇場公開日

解説

2009年に逝去したドイツの天才舞踊家ピナ・バウシュの世界を、「ベルリン・天使の詩」「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のビム・ベンダース監督が3Dで撮影したドキュメンタリー。バウシュが生前から映画のために選んでいた「カフェ・ミュラー」「春の祭典」「フルムーン」「コンタクトホーフ」の4つの舞台のほか、バウシュが芸術監督を務めていたドイツ・ブッパタール舞踏団のダンサーたちが街中や自然の中で繰り広げるパフォーマンスや、在りし日のバウシュの映像、ダンサーたちからの追悼のメッセージが収められている。

キャスト

作品データ

原題 Pina 3D
製作年 2011年
製作国 ドイツ・フランス・イギリス合作
配給 ギャガ
上映時間 104分
映倫区分 G
上映方式 3Dのみ
オフィシャルサイト  

受賞歴

第84回 アカデミー賞(2012年)

ノミネート
長編ドキュメンタリー賞  

インタビュー

ビム・ベンダース 3Dで実現したピナ・バウシュ作品への深き思い
インタビュー

ドイツを代表する映画作家ビム・ベンダースが、2009年に急逝した天才舞踊家ピナ・バウシュの世界を3Dで映し出し、世界中の注目を集めたドキュメンタリーが公開される。親友でもあったピナ・バウシュが残したブッパタール舞踊団とともにつくり上げ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

時を超えて私たちの傍にあるピナの華麗で仄かな運動
Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのちの映画評論・批評

果たしてこれはドキュメンタリーなのだろうか。いや、事実に反しているとか勝手な作り込みがあるとかいうのではない。09年に亡くなったドイツの代表的な舞踏家であり演出家のピナ・バウシュについて、ビム・ベンダースが3Dで作ったこのドキュメンタ...Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのちの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全8件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi