あしたが消える どうして原発?
ホーム > 作品情報 > 映画「あしたが消える どうして原発?」
メニュー

あしたが消える どうして原発?

劇場公開日

解説

チェルノブイリ原発事故から3年後の1989年、世界が原発への不安を抱くなか日本の福島第一原子力発電所を追って製作されたドキュメンタリー。福島第一原発の定期検査などに携わっていた52歳の父を骨ガンで亡くした仙台市の主婦による新聞投書をきっかけに、日本の原発で働く労働者、被ばくの危険性を明らかにしようと奮闘する医師、福島第一原発4号機の設計に携わった現サイエンスライターの田中光彦氏らの証言を集めた。福島第一原発が東日本大震災によりトラブルに見舞われた2011年、デジタルリマスター版で初の劇場公開。

スタッフ

構成演出
千葉茂樹
中嶋裕
田淵英夫
金高堅謙二
製作
平形則安
溝上潔
里中哲夫
撮影
藤田久美
斉藤正弘
編集
渡辺行夫
音楽
山崎宏
ナレーター
津嘉山正種

キャスト

作品データ

製作年 1989年
製作国 日本
配給 マジックアワー、シネマディスト
上映時間 55分

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi