症例X
ホーム > 作品情報 > 映画「症例X」
メニュー

症例X

劇場公開日

解説

第20回PFFスカラシップによる商業デビュー作「家族X」(2011)を完成させた吉田光希監督が2008年に手がけた自主制作映画で、介護を題材に親子の関係を見つめるドラマ。本作がPFFアワード2008で審査員特別賞を受賞し、PFFスカラシップの権利を獲得した。36歳の謙一は、統合失調症を患い最近は認知症も進行している70歳の母・敏江と2人で暮らしている。敏江はいつしか終日を床の中で過ごすようになり、謙一は仕事と介護だけを繰り返す生活を続けていく。

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 リトルモア
上映時間 67分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

  • 鈴木杏、「家族X」監督の提案に驚がく(2011年9月28日) 女優の鈴木杏が9月28日、東京・渋谷のユーロスペース2で行われた映画「家族X」のトークショーに出席した。鈴木が季刊「真夜中」(リトルモア)に、吉田光希監督が手掛けた本作と「症... 続きを読む
関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

症例X 症例X 症例X 症例X
症例X 症例X 症例X 症例X
2016年11月1日 2015年5月15日 2016年6月22日 2015年8月10日
¥1,990 ¥500 ¥300 ¥300
U-NEXT ビデオマーケット ShowTime Google Play
※31日間無料 ※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「症例X」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi