「原作者が男性であるように女性だけじゃなく」ガール 読書&映画オタクさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ガール」 > レビュー > 読書&映画オタクさんのレビュー
メニュー

ガール

劇場公開日 2012年5月26日
全29件中、9件目を表示
  •  
映画レビューを書く

原作者が男性であるように女性だけじゃなく

男性も共感できる話であるように思います。導入部分は生理的に不愉快に感じたが、男性が創作したお話なのですから
所詮、年齢や仕事や恋愛や結婚、子育てに苦悩しながらも己と向き合い、それぞれの幸福へと歩みを進める話なのである。我を顧みると、自分もこういう事あるな、と思う事が
結構ありました。具体的な悩みというのが女性らしいなと言うだけなのかなと。
原作は短編集でその中で1番面白かったマンションの話がオールカットなのですが、豪華キャストに惹かれて楽しく見れました。

読書&映画オタク
さん / 2015年1月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi