「お姫様の人格がひどい」とある飛空士への追憶 古泉智浩さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

とある飛空士への追憶

劇場公開日 2011年10月1日
全8件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

お姫様の人格がひどい

お姫様が、金にこだわる主人公を批判したために主人公は最終的に報酬を空を飛びながらばら撒いてしまう。それがいかにも感動的な場面として描かれているのだが、彼は命がけで危険な任務を遂行してその報酬を得たのだ。いかにも現実と向き合ったり、お金に苦労したことのないお姫さまの言い草だと思ったが、そんなのに感化されてお金をばら撒く主人公もバカか、これまで差別を受けて貧困にもあえいでいただろうに一体どうしたことかと目を疑った。西原理恵子さんの『この世で一番大事な金の話』という本を読んだ方がいい。登場人物が紋切り型のお人形だったけどアクションはよかった。

古泉智浩
さん / 2011年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi