「アニメとかに囚われず、王道ラブストーリーとしてオススメ」とある飛空士への追憶 NAOさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

とある飛空士への追憶

劇場公開日 2011年10月1日
全8件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

アニメとかに囚われず、王道ラブストーリーとしてオススメ

原作とか知らずに見にいったんですけど、面白かった。
背景っていうか、景色、空や海の景色や星空が本当にきれいで!
新海誠さんが好きなんですけど、彼の描く空にも少し似ているような。。とにかく素敵な夜空なのです。
お姫様と貧乏パイロット、王道のラブストーリーじゃないですか!!
旅の間にいろんな危機を乗り越えたり、昔の思い出話あったりで、これはもう王道じゃないかと!
敵国が”あまつかみ”っていう国で、迅雷?っていう戦闘機も、昔の日本を髣髴とさせる。すごく強いっていう想定で、敵なのがちょっと残念なんだけど、敵ながらかっこいいので、まあ許すw
戦闘シーンや、空、海の景色、2人の関係に、2時間たっぷりスクリーンに釘付けでした。
身分違いの恋といえば、ローマの休日以来の恋愛妄想の王道ですが(笑)この映画はそれに空中戦や、逃亡っていうスリル要素もありな感じで、とにかくツボ押さえまくりな作品です。
甘くてほろ苦い恋の感じですよ!
アニメに抵抗ある人も、是非見て欲しい作品です。

NAO
さん / 2011年10月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi