青空どろぼう
ホーム > 作品情報 > 映画「青空どろぼう」
メニュー

青空どろぼう

劇場公開日

解説

「平成ジレンマ」「光と影」の東海テレビ制作による、日本4大公害の1つ「四日市ぜん息」の現在を追ったドキュメンタリー。1973年、四日市の裁判をきっかけに公害病認定制度が法律に明記され、2010年11月現在、四日市市には公害認定患者が459人いる。しかし88年に制度が廃止されたことで新たな公害認定は行われず、患者数は年々減少しているが、制度廃止後に気管支ぜん息と診断された人もいた。裁判の原告の1人で今も四日市市に暮らす78歳の野田之一さんと、公害発生当初から患者たちを追ってきた公害記録人・澤井余志郎さんは、「公害はまだ終わっていない」と話し、町の青空が誰によって奪われたのかを問い続ける。

スタッフ

監督
プロデューサー
阿武野勝彦
撮影
塩屋久夫
編集
奥田繁
音楽
本多俊之
ナレーション
宮本信子

キャスト

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 東海テレビ放送
上映時間 94分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi