ダークナイト ライジング : 映画評論・批評

ダークナイト ライジング

劇場公開日 2012年7月28日
2012年7月24日更新 2012年7月28日より丸の内ピカデリーほかにてロードショー

暗黒と暗黒の正面衝突。捨身の力技に脱帽する

世界には2種類の暗黒がある。強い暗黒と弱い暗黒。外向的な暗黒と内向的な暗黒。

ダークナイト ライジング」のクリストファー・ノーランは、弱い暗黒や内向的な暗黒を切り離した。もちろん、意図的な削除だ。

すると、どうなるか。

強い暗黒と強い暗黒が、正面衝突する。外向的な暗黒と外向的な暗黒が、真っ向から激突する。善と悪の戦いではない。光と影の戦いでもない。あえていうなら、悪と悪の対決であり、影と影の内戦に近い。

この映画には、不思議なほど善人が出てこない。内気な弱虫や傷つきやすい臆病者も出てこない。主人公クリスチャン・ベールや敵役トム・ハーディはもとより、脇役のひとりひとりに至るまで、カリスマ性はみごとに欠落している。彼らは、泥をかぶったり手を汚したりすることを恐れない。繊細ぶった気取り屋などはどこにも見当たらない。

ラフな映画に聞こえるだろうか。ニュアンスを欠いた力任せの大作に聞こえるだろうか。

そうではない。ここがきわどい分水嶺だ。

ノーランは、確信犯的に陰翳を爆破した。本来は好んでいるはずのエロスやユーモアも、思い切って省いた。むしろ彼は3部作最終章にふさわしい黙示録的世界を展開し、前2作で処理しきれなかったミステリアスな部分を、すり鉢でつぶすように解き明かした。そして、感覚の組織的錯乱に通じる悪夢のセンセーションを、画面いっぱいに弾けさせた。

その結果、めったに見られない「エピック・ノワール=暗黒叙事詩」が出現した。ディケンズの混沌やスウィフトの超越をところどころで匂わせつつ、「ダークナイト ライジング」は胸に響くパワーで驀進(ばくしん)する。この映画は、たんなる大音量のヘビメタではない。交響曲の全弦合奏だ。さらにいうなら、器楽と声楽が合体して伽藍(がらん)を築くロ短調ミサの世界だ。日ごろは抑えの利いた器楽曲を好む私も、このスケールと、ほとんど捨身の力技には脱帽せざるを得なかった。

芝山幹郎

ダークナイト ライジングの関連コンテンツ

インタビュー:ダークナイト ライジング

アン・ハサウェイ、キャットウーマン役でベジタリアンに!?
ダークナイト ライジングのインタビュー

「ダークナイト ライジング」への出演を勝ち取ったとき、アン・ハサウェイの肩にのしかかったプレッシャーは相当なものだったに違いない。オーディションに殺到した人気女優たちを押しのけてしまっただけでなく、挑戦するのはすでに手あかを付けられて...ダークナイト ライジングのインタビュー

関連ニュース:ダークナイト ライジング

ダークナイト ライジングの関連ニュース

フォトギャラリー:ダークナイト ライジング

DVD・ブルーレイ:ダークナイト ライジング

映画レビュー:ダークナイト ライジング

平均評価
4.0 4.0 (全120件)
  • パズドラではチョキでベインが活躍してくれますが… 全体的には面白いけど、不完全燃焼な感じ。楽しみにしていたバットマン対ベイン戦が迫力のないのただの殴り合いなのにはガッカリした。クライマックスの集団戦もなんかただの揉み合いだし。前作と比べるとね…... ...続きを読む

    シバラマ シバラマさん  2014年8月13日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 完結作 これまでのダークナイトシリーズの集大成。 前作のダークナイトのジョーカーが ものすごい演技力で迫力があったために、 今回の敵であるベインはそこまで悪い奴には見えない。 この映画の見所は、アンハサ... ...続きを読む

    Maika Maikaさん  2014年8月5日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ライジング 三部作のラストである。 闇の騎士は街の光として語り継がれるだろう。 ラストはあれで良いのだ。 お疲れ様 幸せになってくれブルース・ウェイン 正義の意志を受け継ぐものはいるのだ ...続きを読む

    テラー テラーさん  2014年6月22日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ダークナイト ライジングのすべての映画レビュー
  • ダークナイト ライジングの映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 「わたしは生きていける」の映画評論 わたしは生きていける 思春期の少女が抱える不安を、戦争というモチーフに置き換えて語るサバイバルドラマ
  • 「郊遊 ピクニック」の映画評論 郊遊 ピクニック 観客に媚びず、忍耐を強いることで真実を伝える監督の最終作
  • 「物語る私たち」の映画評論 物語る私たち サラ・ポーリーとその家族が、自分たちの秘密を大胆なおおらかさで語る秀作
新作映画評論の一覧を見る
採用情報