花の詩女 ゴティックメード
ホーム > 作品情報 > 映画「花の詩女 ゴティックメード」
メニュー

花の詩女 ゴティックメード

劇場公開日

解説

「ファイブスター物語」の永野護が監督、原作、脚本、絵コンテ、原画などを一手に手がけて描くオリジナルのSFロボットアニメーション。自然豊かな小さな惑星カーマイン・プラネットでは、預言者であり人々を導く「詩女(うため)」の存在が、列強諸国の力関係に挟まれて暮らす人々の心の支えになっていた。新たな詩女の役割を担うことになった少女ベリンは、任地である聖都リ・ハを目指して旅をしていたが、何者かがベリンの命を狙っているという噂が流れ、ドナウ帝国のトリハロン皇子が護衛の任に就く。しかし、ベリンとトリハロンの旅の行く末には、大きな暗雲が漂う。

スタッフ

監督
製作
井上伸一郎
企画
安田猛
矢野健二
プロデューサー
榎本郁子
富樫真
制作プロデューサー
堀裕治
原作
永野護
脚本
永野護
絵コンテ
永野護
レイアウト
永野護
原画
永野護
門上洋子
山形厚史
作画監督
名倉靖博
門上洋子
山形厚史
美術
小倉宏昌
色彩設計
戸部弥生
中内照美
撮影
佐藤光洋
編集
松永ホマレ
音響・効果
坂口由洋
音響監督
若林和弘
音楽
長岡成貢
音楽プロデューサー
矢部敦志
主題歌
川村万梨阿
アニメーション制作
オートマチック・フラワーズ
角川書店

キャスト(声の出演)

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 角川映画
上映時間 70分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全6件)
  • コスプレ好きに受けそう ネタバレ! メカの描写より永野ファッションの方が印象に残った作品でコスプレ好きに受けそう。 ストーリーや演出は単純と思えたが、近年多い受けそうなネタを貼り付けているだけの雑な作品(過去の名作と呼ばれる作品を... ...続きを読む

    TwitTwit TwitTwitさん  2013年2月11日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • クオリティなかなか高いです。 今話題の009と比べて非常に対照的な作りになっています。昔懐かしい感じのアナログな作風が逆に好感を持てました。内容は大本のFSSを知っている人じゃないと100%は楽しめないでしょうが、絵柄とBG... ...続きを読む

    yamaboy yamaboyさん  2012年11月12日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 永野作品がスクリーンで見られることに素直に喜ぶ ネタバレ! 監督であり作者の永野護が原画やレイアウト等を手がけ、スタッフも少人数なので、永野護の絵がそのままアニメになった、そのまま動いているようなクオリティ。「FSS」読者としては、まずそこは感心してしま... ...続きを読む

    α αさん  2012年11月7日  評価:3.5
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「花の詩女 ゴティックメード」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi