ウィンターズ・ボーン
ホーム > 作品情報 > 映画「ウィンターズ・ボーン」
メニュー

ウィンターズ・ボーン

劇場公開日

解説

2010年サンダンス映画祭でグランプリを受賞し、第83回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞ほか4部門にノミネートされたヒューマンドラマ。米ミズーリ州南部・オザーク山脈の村に住む17歳の少女リーは、心を病んだ母親に代わり幼い弟と妹の世話をして暮らしていた。しかしある日、とうの昔に家を出て逮捕された父親が自宅と土地を保釈金の担保にして失踪。このまま裁判に出廷しなければ家を没収されてしまう。やむを得ずリーは自ら父親捜しに乗り出すのだが……。

作品データ

原題 Winter's Bone
製作年 2010年
製作国 アメリカ
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 100分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

アメリカの苛酷極まりない貧困と格差、そして有り得べき未来のビジョン
ウィンターズ・ボーンの映画評論・批評

<アメリカの夢の崩壊>という形容すら甘やかに響くほど、アメリカの苛酷極まりない貧困と格差の現実に真率に向き合った秀作だ。全篇、ほとんど光が射さない鉛色の淀んだ空と森、荒涼たる景観が支配する中西部ミズーリ州の山岳地帯が舞台である。17歳...ウィンターズ・ボーンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全22件)
  • 少女、強し! 序盤、ストーリーも淡々と進み、その土地の風習や周囲の人物関係もよくわからず、しかも暗い… 普通なら眠くなるところだったのですが、ジェニファー・ローレンスの切なく必死な演技が最後までこの映画を見さ... ...続きを読む

    にゃんた にゃんたさん  2016年4月24日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 現実は厳しい。 アメリカの貧困格差、生まれた場所でその過酷さが決まるような、絶望感溢れる作品。 でもその中で強く生き抜こうとする、リーをジェニファーローレンスが上手く演じています。 小さくて見落としてしまいそう... ...続きを読む

    mikaru mikaruさん  2016年2月10日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 暗い映画だが、暗さを狙いすぎ ネタバレ! 全編を通して暗い雰囲気だが、 雰囲気作りのためだけに不必要な描写を入れすぎていると感じた。 例えば、実父の死体をわざわざ手づかみさせて、ノコギリで切断を促すシーン。 そんな生涯のトラウマになるよ... ...続きを読む

    もりり もりりさん  2015年11月30日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ウィンターズ・ボーン ウィンターズ・ボーン(字幕版)
ウィンターズ・ボーン ウィンターズ・ボーン(字幕版)
2016年2月6日 2015年9月13日
¥500 ¥300
ビデオマーケット Google Play
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「ウィンターズ・ボーン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi