Gnomeo and Juliet
ホーム > 作品情報 > 映画「Gnomeo and Juliet」
メニュー

Gnomeo and Juliet

解説

シェイクスピアの名作戯曲「ロミオとジュリエット」を、人間の家の庭で暮らす妖精ノームの世界に置き換えて作られた3Dアニメ。舞台は現代のイギリス。壁を隔てて対立するブルーガーデンとレッドガーデンのノームたちだったが、ブルーガーデン出身のノミオとレッドガーデン出身のジュリエットが恋に落ちてしまい……。監督は「シュレック2」のケリー・アスバリー。音楽にエルトン・ジョンとジェームズ・ニュートン・ハワード。

スタッフ

監督
ケリー・アスバリー
原作
ウィリアム・シェイクスピア
脚本
マーク・バートン
ケビン・セシル
アンディ・リレー
ロブ・スプラクリング
ジョン・R・スミス
キャシー・グリーンバーグ
エミリー・クック
スティーブ・ハミルトン・ショー
音楽
ジェームズ・ニュートン・ハワード
エルトン・ジョン

作品データ

原題 Gnomeo and Juliet
製作年 2011年
製作国 イギリス、アメリカ
上映時間 84分

受賞歴

第69回 ゴールデングローブ賞(2012年)

ノミネート
最優秀主題歌賞 “Hello Hello”

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • とにかく声出がすごい! タイトルとストーリー(内容)だけなら 完全にスルーしている作品ですが、声の出演が豪華すぎて 話題性で観に行きました。 舞台は 現代のイギリス。 壁を隔てて対立する ブルーガーデンとレッドガーデン... ...続きを読む

    Blue Blueさん  2011年4月28日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi