「すごい反日映画かと思っていたけど、・・・。」マイウェイ 12,000キロの真実 りりーさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

マイウェイ 12,000キロの真実

劇場公開日 2012年1月14日
全18件中、9件目を表示
  •  
映画レビューを書く

すごい反日映画かと思っていたけど、・・・。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

反日映画ではないとは、言いきれないと思う。
作品中、日本人蔑視の言葉が数多く言われる。
≪日本人ヤロウ≫
≪ザマアミロ!≫
日本人が言う韓国人蔑視の言葉もあった。
また、ロシア人が、日本を蔑視する言葉もあった。
戦争中って、相手国に負けないためにか、また、自分を奮い立たせるためにか、
そんな言葉を使って優位に立とうとしていたのかなと・・・。
戦争って、そういうことなのか・・・と思った。

勝った者が、負けた者を軽蔑する。
それが、その時代、普通だったのではないか・・・なんて。

作品中、戦いが進むにつれ、勝ち組が変わる。
その度に、優位者が、日本人⇒ロシア人⇒ドイツ人⇒連合軍と変わっていく。
どの国の人間も、戦争の中では、人格が変わってしまうんだなと思った。

第二次世界大戦が終わり、≪平和が大切、戦争はダメ≫と言われだしてから、まだ100年も経っていないのだ。
それまでの何百年も何千年も、そうして戦ってきたのだから。
そんなことを、感じた。

この作品のストーリーは、事実に基づいていない。
時代考証もいい加減のようだし、当時の日本のことも、おかしいじゃんと思うところも多々あった。

でも、こんな友情があっても良いのではないか・・・と、そんなふうに思った。

ただ、辰雄の祖父が、なぜ、自分一人で爆弾を抱え込んだのか。
朝鮮人がしたのだと思ったならば、箱を使用人に投げれば良かったのだ。
それを、辰雄に「朝鮮人憎し」の感情だけにするのは、祖父の心知らずで、もったいない気がした。

日本も償いをしているのだから、いつまでも日本人を憎むのをやめて、新しい時代に向かって欲しいな。

りりー
さん / 2012年1月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0 50
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報