再生の朝に ある裁判官の選択
ホーム > 作品情報 > 映画「再生の朝に ある裁判官の選択」
メニュー

再生の朝に ある裁判官の選択

劇場公開日

解説

中国で起きた実在の事件をモチーフにした社会派ドラマ。裁判官のティエンは、盗難車による事故で娘を亡くして以来、淡々と法に忠実な仕事をこなしていた。ある日、車2台の窃盗で捕まった青年チウ・ウーの裁判を担当することになった彼は、法に従って彼に極刑を宣告する。一方、腎臓病を患う地元の有力者リーは、チウ・ウーの腎臓が自分に適合することを知り……。

スタッフ

監督

作品データ

製作年 2009年
製作国 中国
配給 アルシネテラン
上映時間 98分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全1件)
  • うちに秘めたものが、おもてに現れたとき・・・。 静かな映画だったなぁ 登場人物たちの内面は 激しい音を立てていたと思うけど 『北京の自転車』(00)で撮影監督を されていたリウ・ジエさんの長編2作品目になります。 日本では、昨年埼玉県川口市で... ...続きを読む

    septaka septakaさん  2011年9月23日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「再生の朝に ある裁判官の選択」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi