「こんなカワイイ店員さんがいたら、絶対に通う!!」台北の朝、僕は恋をする septakaさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

台北の朝、僕は恋をする

劇場公開日 2011年3月12日
全5件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

こんなカワイイ店員さんがいたら、絶対に通う!!

かわいくて、
キュートな作品ですね♪
アンバー・クォをキャスティング
できた時点で、作品の成功は、ほぼ決まりましたね♪♪

と、気持ちよくなりながらも、
どうしても気になる疑問があり、
パンフ&劇場貼紙場所へ直行。

疑問:一晩の設定になっている。
   でも、撮影は何日もかけて行われたはず。
   それなのに、いつも雨で道が濡れていたのはどうして?
   偶然にしては、出来すぎというか、ありえないでしょ?!

しかし、その疑問を解消する説明は、
何処にも見当たりませんでした。謎のままです(泣)

◇   ◇

これが映画初出演だそうですが、
アンバー・クオ、やっぱりかわいかったです。

黄色が、まだ瞼に焼きついています。
特別な性格をしたキャラクターではなく、
どこにでもいそうな普通な女の子なので、
演技は非常に難しかったと思うのですが、

自分の気持ちを押し殺す表情や、
大好きな人を助けようと必死になる表情や、
それがゆえに出てしまう細かい、本人は必死なんだけれども、
観ているこちらにはユーモラス&キュートに見えてしまう動き、
頭のてっぺんから、足のつま先まで、スージーになりきっていました。

アンバー・クォみたいに
カワイイ子が本屋の店員にいたら、
AMAZONで本を買うのは中断して、
絶対に本屋に通いますよ!もちろん彼女目当てで!!

◇   ◇

風景描写
街並みの描写

台湾映画っぽい“美学”が
踏襲されていました。実際の、
現場は、あそこまでキレイではないと思うんです。

でも、撮影カメラのフィルターという
魔法をかけると、幻想的な風景に様変わり。

役者の後ろに広がる
風景だけでも見る価値は十分にありました^^

septaka
さん / 2011年9月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi