軽蔑 インタビュー: 廣木隆一監督「煩悩だらけの僕にとって、“理屈じゃない愛”を貫く真知子とカズは憧れ」

ホーム > 作品情報 > 映画「軽蔑」 > インタビュー > 廣木隆一監督「煩悩だらけの僕にとって、“理屈じゃない愛”を貫く真知子とカズは憧れ」
メニュー

軽蔑

劇場公開日 2011年6月4日
2011年5月30日更新

芥川賞作家・中上健次が最後に残した純愛小説「軽蔑」を、「ヴァイブレータ」の廣木隆一監督が映画化。それだけでも話題性十分なのだが、そこに若手の注目株、高良健吾鈴木杏の2人がタッグを組み、体当たり演技を披露する。行き場を失った2人の愛には、一体どんな結末が待ち受けているのか? 純粋で破滅的な逃避行を追った、廣木監督に話を聞いた。(取材・文:村上ひさし)

廣木隆一監督インタビュー
「煩悩だらけの僕にとって“理屈じゃない愛”を貫く真知子とカズは憧れ」

演出については「ハッキリとは言わない」。俳優の自主性を重んじる 演出については「ハッキリとは言わない」。俳優の自主性を重んじる

そもそもアメリカ映画「地獄の逃避行」のようなロードムービーが好きだという廣木監督。この「軽蔑」に関しても、映画化できないものかと以前から気になっていたそうだ。

「中上作品の中で、僕にとって一番映画にしやすいのではないかと思ったんですよ。主人公の2人を中心にして話が動いていくところとか、ロードムービー的じゃないですか。助監督を務めていた時代にも中上さんの作品を見ていたのですがやはり憧れがありますね。この『軽蔑』も、何度か映画化の話が聞こえてきたものの実現していなくて、“どうして?”と思っていました」

歌舞伎町のダンサー役に体当たりで挑んだ鈴木杏 歌舞伎町のダンサー役に体当たりで挑んだ鈴木杏 (C)2011「軽蔑」製作委員会 [拡大画像]

新宿歌舞伎町のトップレスバーで踊る真知子(鈴木)と、賭博による借金で首の回らなくなった遊び人のカズ(高良)。2人の逃避行は、カズが真知子をさらうかのように連れ出してスタートする。「リターナー」「花とアリス」「椿三十郎(2007)」などで認められた実力派、鈴木杏がポールダンスや大胆なセックスシーンに挑戦する。

「杏ちゃんはホン(脚本)を読んでくれて、もう次の日には“やります”と返事をくれていましたね。ポールダンスは、身体を柔らかくするジャズダンスから始めて、2カ月くらい掛かっていましたから、(出演者の中では)一番大変だったんじゃないかな(笑)。“いまどきポールダンス?”っていうのもあったけど、今また流行っているみたいだし、何軒か見に行って“これはアリだな”というのもあって(笑)。2人の出会いのシーンなので、なにか分かりやすくて、描きやすいものが欲しかったんです。それに独りで生きている感じ。“私はこれで食ってる”みたいな感じが出るんじゃないかと」

自立している真知子に対して、方やカズは究極のチャラ男。「ノルウェイの森」「白夜行」や、舞台「時計じかけのオレンジ」、連続テレビ小説「おひさま」まで、いまや引っぱりだこの高良健吾が、こちらも破天荒な演技で応戦する。監督とは、5年前に「M」で一緒に仕事をして以来、ごはんをよく食べる間柄だとか。

破滅的ながらも純粋な愛を貫く真知子(鈴木)とカズ(高良) 破滅的ながらも純粋な愛を貫く真知子(鈴木)とカズ(高良) (C)2011「軽蔑」製作委員会 [拡大画像]

「最近の彼を見ていて、この役柄はアリじゃないのかな、と思ったんですよ。少年である感じと、大人になっていく雰囲気の両方を彼は持っていて。田舎に帰ってはじめて、カズという人物のバックグラウンドが見えてくる。東京では、そういうのは見えにくいじゃないですか。実際ああいう男が周りにいたら迷惑だし“ふざけんなよ!”というのはありますけどね(笑)。でも、そういうダメ男の気持ちというのは僕にも普通に分かります。自分もダメダメですから(笑)」

2人が逃避行する目的地には、中上文学の拠点でもある和歌山県新宮市が選ばれた。ロケの大半は、この新宮で行なわれた。

「中上作品を撮るにあたっては、やはり新宮にしたかった。あと距離感ですね。東京から逃げたとしても千葉じゃないだろうし。新宮だったら実際に車で東京から8時間くらい掛かるし、この距離感なら何だか逃げてる感じがする。東京に戻って来ようとしても往復16時間……ヨーロッパに行ける時間ですから(笑)」

やがて行き場を失った2人は、破滅へと突き進んでゆく。だが映画は、なぜこの2人がこんなに愛し合っているのか、繋がっているのかを説き明かそうとはしない。

「自分は煩悩だらけだから」と照れくさそうな監督 「自分は煩悩だらけだから」と照れくさそうな監督 [拡大画像]

「どこに惚れてたとか、映画の台詞ってよく言いますよね。でも“惚れるってそういうことなの?”というのが僕はありますね。誰かが部屋に入ってきて“あ、アイツいいな”と思って声掛けて、あっちも気に入ってくれれば、それでもう惚れているわけで、どこどこが好みだからとか(言葉にできるもの)じゃないと思うんです。そのほうが僕は信用できる。一緒にいたいっていうだけ、理由は要らないと思うんです」

“理屈じゃない愛”を貫く2人。これこそ監督は描きたかったのだという。

「煩悩だらけの僕にとって、2人の関係は憧れです。だから中上作品は神話になるのだと思います。あと、人と人が向き合って本気で好きになること、気迫みたいなものを持って恋愛をすること。“それって、いいでしょ?”というのを伝えたいですね」

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

「男と女は、五分と五分」のフレーズが映画では響かず
映画評論

「ヴァイブレータ」ほか文芸作品で際立った手腕を見せる廣木隆一が、中上健次の遺作「軽蔑」に挑んだ。中上健次は、紀州サーガと呼ばれる新宮の<路地>をベースにした豊饒な物語世界を自ら封印し、最後の吐息のような、この美しい純愛小説を物した。廣...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

軽蔑[DVD] 軽蔑[DVD] 軽蔑[Blu-ray/ブルーレイ] 軽蔑《デジタルニューマスター版》[DVD]
軽蔑[DVD] 軽蔑[DVD] 軽蔑[Blu-ray/ブルーレイ] 軽蔑《デジタルニューマスター版》[DVD]
発売日:2017年9月29日 最安価格: ¥1,071 発売日:2012年4月13日 最安価格: ¥1,373 発売日:2012年4月13日 最安価格: ¥1,813 発売日:2005年6月24日 最安価格: ¥1,890
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全11件)
  • 音楽 とにかく、劇中に流れる外人(←おそらく)女性ヴォーカルで、サウンドはエスニック風の音楽が素敵だ! カズのクズさとマチの健気さに、ハラハラしながら観てしまった。 ...続きを読む

    ミック・ラモーン ミック・ラモーンさん  2017年2月19日 18:31  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 軽蔑しますって、それは・・・ 全体的に昭和の香りがプンプン漂うレトロ感が半端じゃない映画でしたが、携帯を使っている所を見ると一応設定は現代だったようで、その辺でちょっと違和感があったかなぁ。 何か今の時代の話って感じが全くし... ...続きを読む

    スペランカー スペランカーさん  2016年6月27日 15:03  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 駄作 まず 鈴木杏が、男が取り合うほどのセクシーなポールダンサーに見えない。 男も女も魅入るような美女でないと、堕ちるとこまで堕ちるという展開は難しい。 高良健吾は、見事にチンピラ感が出ているが、借金... ...続きを読む

    はむまま はむままさん  2016年3月20日 10:36  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 火花 菅田将暉&桐谷健太、愛たっぷりに振り返る“芸人”として生きた日々
  • インタビュー 覆面系ノイズ 中条あやみが描く天井知らずの成長曲線 女優としての覚悟に迫る
  • インタビュー 不都合な真実2 放置された地球 「不都合な真実2」を送り出した元副大統領アル・ゴア氏のベストムービーとは?
インタビューの一覧を見る
Jobnavi