僕たちは世界を変えることができない。 But, We wanna build a school in Cambodia.のレビュー・感想・評価

僕たちは世界を変えることができない。 But, We wanna build a school in Cambodia.

劇場公開日 2011年9月23日
32件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

カンボジアに行ってみたくなった このまま、世界のことを知らずに呑気...

カンボジアに行ってみたくなった
このまま、世界のことを知らずに呑気に生きてていいのかって考えさせられた
窪田正孝が歌う青空がすごいよかった

ぱん
ぱんさん / 2017年9月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

久々にいい映画だった。 等身大のどこにでもいる大学生がふとしたきっ...

久々にいい映画だった。

等身大のどこにでもいる大学生がふとしたきっかけでカンボジアに学校を建てることを目指す。

切り株を率先して掘り出すことで、学校に行かせてやれない父親を突き動かす。情熱ってどんなに話がうまいとかそんなんじゃなく、背中で示すものだろうな。

「青空」をエイズ患者さんを思い出しながら歌うところ、一番ジーンとくる。でもそれが現実。それを体で感じることが大切で、机上の空論では絶対分からない涙である。

そして、ボランティアは上から目線ではなく、同じ目線。それは基本中の基本。改めて知った。

キッスィ
キッスィさん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最初の始まりの向井理のナレーションから共感できた。本当に私たちにで...

最初の始まりの向井理のナレーションから共感できた。本当に私たちにできることはちっぽけだけど、それを行動にうつすところに尊敬した。悩んで悩んで校舎完成前に見せた向井理の涙はとてもかっこよかった。最後の終わりの4人の1人1人の写真の笑顔から本当に素晴らしいところなんだと伝わった。心から見てよかったと思う作品。自分も小さいことで諦めたり贅沢できないと強く思った。

ふたば
ふたばさん / 2017年5月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「青空」が良かった。

私は何も知らない。
カンボジアの歴史も今の状況も。そこで暮らす人々の想いも。そこの空の色も。
主人公たち大学生と同じ。

まずは知らなきゃって思った。
知らなきゃ遠いまま。関心を持たなきゃ他人事のまま。関係ないまま。
そう思わされた。

実話を元にした、カンボジアのシーンなんかはドキュメンタリーのような作品。
カンボジアの博物館や、ポル・ポト政権下の資料シーンでは胸が苦しくなった。

最後の「青空」の合唱シーンが良い。
またブティさんたちカンボジアの人たちの笑顔も印象的ですごく良い。

ただ個人的には向井理や松坂桃季の演技はちょっとイマイチで気になる(でもカンボジアでは素の自分のとこもあったんだろうな)。

しかし窪田正孝くんは心に残ってくるね。カラオケでひとり練習する姿にきゅん。

ゆめ
ゆめさん / 2017年1月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若者の無力さをリアルに表現

若者4人がカンボジアに学校を建てよう!と奮闘するが、カンボジアの現実を知り、自分たちの軽率さ、無力さ、カルチャーショックにぶち当たる。無力だから何もできないではなく、無力だけど僕たちにできることもある!タイトル通り世界を変えることはできないけど、何か小さなことは変えられるんじゃないか。キレイごとで描かれていないところが、深いなぁと感じた作品です。

しほ
しほさん / 2016年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私たちのすることは大きな海の一滴にすぎない。だけど、一滴の水が集ま...

私たちのすることは大きな海の一滴にすぎない。だけど、一滴の水が集まって大きな海になる。

誰かのために何かをする喜びは、自分のために何かをする喜びを上回るときがあるかもしれない。

世界を変えることはできないけど、小さなことから頑張ろう。

あもっく
あもっくさん / 2016年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大学生活無駄にできないと思えた

ここに出てる大学生たちは
カンボジアに学校を建てるため
バイトに募金活動に頑張ります。
自分の大学生活を大きな目標のために捧げる。
そんな姿がとても素敵でした。
私も何かに没頭し、4年間無駄になんかできないと思いました(もう1年半無駄にしたこと後悔中)

カンボジアの現地ツアーのシーンでは
ブティさんの話で号泣しました。
あの施設訪れたいけど、気を失っちゃいそう…。
やっぱり訪れてみないと分からないことってたくさんありますよね。日本から出て私たちの生活の有り難さを知るためにも、春休みにカンボジアスタディツアーに参加しようって小さな目標に向けて頑張ります。

もっち
もっちさん / 2016年7月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一滴の水が集まって海となる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

私たちのすることは大きな海の一滴の水にすぎない
だけど一滴の水が集まって大きな海となる

この主人公の医大生。すごく良かった。
カンボジアツアーも素晴らしかった。
エイズ病棟のシーン。
旦那からうつされた女性の場面で、主人公の友達が歌うシーンなんて青春って感じでした。
生きる希望が湧いたという女性の言葉に皆が胸を打たれる。
地雷のシーンも良かった。世界に20分に1人が地雷で被害を受けている。
本当に悲しい。

デリヘルに胸を借りるシーンも笑ってしまった。でも判断は正しかったのだと思う。

あの彼女も良かった。
今ここで出来ることをすると言う彼女。
凄くわかる気がした。

二回目のカンボジア渡航の皆で木を引っこ抜くシーンなんて正に協力という言葉に近いシーン。
主人公が愛してやまないブルーハーツの青空

生まれたところや皮膚や目の色では何もわからない。
学校が建って開校式で歌を交換するシーンは私も泣けてしまった。

実は1回見て良い映画だなぁと思って、続けて2回見ました。
2回目で主人公の成長を、よく感じてしまって2回目で泣いてしまいました。

手を取り協力するって本当に素晴らしい。
観てよかったです。

この映画を観てて、もう1つ気づいた大切なこと。
映画の中でカンボジアから帰ってきて学校を開講させるまで少し主人公がウジウジするシーンがあります。
失恋やサークルの不振で、そのとき少し映画が間延びします。
その間延びを感じたとき、あー立ち止まるってこーゆーことだな。
私の人生、間延びだらけかも…もし、その時間に他にできることがあると思うのなら行動しなきゃ。そう気づかされる一本となりました。

みきねこ
みきねこさん / 2016年4月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

退屈はしない

私もカンボジアに行ったことがあるのでより楽しめた。

かんたーびれ
かんたーびれさん / 2016年3月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった。募金とかしたくなる映画でした。 好きなマンガはキャプテン...

よかった。募金とかしたくなる映画でした。

好きなマンガはキャプテン翼って言ってたけどスラムダンクも全巻そろってたよなぁ。あとブルーハーツ流してほしかったなあ

kens
kensさん / 2016年3月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いくつになっても…

この手の作品にはため息でるね。
何もまだできてないような気分にさせられる。
何もできてないわけじゃないんだろうって思いつつ、。

僕たちは世界を変えることができない

そうやって気付く中で自分に何ができるのか、時々は向き合うべきだと思える映画でした。

Yuune.
Yuune.さん / 2015年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

動機薄。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a in Cambodia」見ました。

全くおもしろくないです。
全ての話が唐突すぎて、説得力がない。銀行で学校設立inカンボジアのポスターを見ただけでやりたがり、カンボジア行ったことないの?と言われてカンボジアへ行く。あまりに理屈が弱すぎる。
一番の問題は冒頭。向井理の学生生活がパッとしないと言わせたいのだろうが、それを見せるのは飲み会2連発。たかが飲み会を楽しめてない風な大学生にしか見えず、人生を憂いでいるようには見えない。効果的に見せたいなら、例えば向井理が部活に熱中していて、大会で結果を出すがピンと来ず。みたいな流れを作らなきゃ話に説得力が全く生まれないと思います。実話だかフィクションだか知らないが、話に深みを持たせるためにはこのくらいの脚色をするべきでは?

良かった所は、全編ドキュメンタリー風な所でしょうか。手持ちカメラのようにブレてる映像も、初めてカンボジアへ行った時の名所巡りも。

もうこの物語は動機の時点で興味が湧かなかった。尤も僕自身、深作健太監督作品はどーにもソリが合わないからなのか。。

三遊亭大ピンチ
三遊亭大ピンチさん / 2015年6月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっと早くに観たかった

ただただありきたりの大学生活を4年間過ごしてしまった自分が虚しくなった。それと同時に、自分も若さを生かして何かをしたいと思った。若さと行動力はとても大きなエネルギーを秘めている。たくさん考えさせられる素晴らしい映画だった。

km
kmさん / 2015年6月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分もこれだけの行動力が欲しいなと思った。感動した。

自分もこれだけの行動力が欲しいなと思った。感動した。

MIKU
MIKUさん / 2015年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

邦画NO.1

タイにいく一週間前にみた映画。
これをオススメしてくれた友達に感謝。
この映画を観て何か変わった気がするし、カンボジアにも関心がわいた。

ヒューマンドラマ
ヒューマンドラマさん / 2014年8月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

桃李君 素晴らしい!

カンボジアの子どもたちの澄んだ瞳が印象的でした。
日本がどれだけ平和か、勉強出来る環境が整っているか再確認出来る作品です。
日本の学生さん、もっと勉強しましょう。
桃李君はもちろんステキでした。

松坂桃子
松坂桃子さん / 2014年2月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若い力!

大きな何かを変えることができなくても、直接変化につなげられなくても、それに向かって踏み出した一歩で変わるものって、あるんだよなぁ。まっすぐ動くって、わたしはとても苦手なことだけど、少し、やってみようかな、なんて、勇気をもらいました。カンボジアのロードムービー的な一場面も、良かったです。

shoko15
shoko15さん / 2013年12月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルのまま ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ドキュメンタリータッチで描かれているカンボジアのシーンはリアルで見ていて本当に切なくなります。キャストの方たちも演技ではなく素になってしまったシーンもあるのでは、と思うほど。ひょんなことからカンボジアに学校を建てることを決意した彼らな訳だけれど、登場人物それぞれの心情の変化が手に取るようにわかるから尚更心に突き刺さる。個人的にはエンドロールの彼らの後日談にグッときました。この映画を観てからボランティア活動について調べ出したのはきっと私だけじゃないはず(笑)

せつり
せつりさん / 2013年12月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全ては子供たちの笑顔の為に

いくら実話とは言え、向井理や松坂桃李らイケメン俳優共演なので、よくある青春ドラマかと思ったら、これがなかなか良かった。

カンボジアの子供たちの為に学校を建てようとする大学生たちの奮闘劇。

勿論、ベタな展開もある。
物足りない毎日を送る主人公がたまたま“カンボジアに学校を”というパンフレットを見て思い立つ動機。
スポンサーが不正で捕まる。
偽善者呼ばわり。
大学の単位も危うい。
失恋。
仲間割れ。
挫折。
…などなど。
また、資金を集める為にクラブでイベントを開くなど、今時でチャラい。

しかし、彼らが実際にカンボジアに赴き、そこでの体験は真に迫っていた。
HIV、内戦、虐殺…カンボジアの現状と悲惨な歴史を知る。子供たちも満足に教育を受けられない。
ガイドのプティさんが両親について語るシーンは目頭が熱くなる。(このプティさんの人柄がとてもいい)
目の当たりにして、浮ついた考えが物の見事に打ち砕かれ、初めて、責任が重くのしかかる。

動機なんて単純でいい。
文句しか言えない奴には言わしておけばいい。
いっぱい挫折して、いっぱい悩め悩め、若者よ。
全ては子供たちの笑顔の為に。

僕たちは世界を変える事は出来ない。
でも、何かは出来る筈だ。

近大
近大さん / 2013年9月21日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

人生を変えたかも

この映画でボランティアをしたいという気持ちになった。
大学に入ったらボランティアをすることに決めた。

自分にとってこの映画は人生を変えた映画。

opp系男子
opp系男子さん / 2013年6月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

32件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi