冷たい熱帯魚 : 映画評論・批評

メニュー

冷たい熱帯魚

劇場公開日 2011年1月29日
2011年1月25日更新 2011年1月29日よりテアトル新宿ほかにてロードショー

真理を突き詰めているからこそ、滑稽で恐ろしく、悲しい

園子温の作品には、滑稽さと狂ったエネルギーという2つの熱帯低気圧がある。滑稽さの比重は作品によって様々だが、彼の場合この比重が大きくなるともうひとつの狂ったエネルギーも膨らみ、合体して巨大なサイクロンと化す。狂ったうねりだ。

このサイクロン・パターンの作品では、通常登場人物は駄々っ子のようなキョーレツで計算外の暴れ方をする。そのためうねりが思わぬ方へ進んでいき、きれいにまとまらない。しかし破綻しているけれどそこが面白い、という感じなのだが、今回はテーマに沿ってまっすぐ突き進んでいく。そしてじっくりと、死にたくないから死に物狂いになるという主人公の矛盾した状況から、滑稽さを前面に押し出す。横に逸れる甘さなどない。この映画はブラックジョークだから滑稽なのではなく、真理を突き詰めているからこそ滑稽なのだ。だからおかしくも恐ろしく、悲しい。

どこの国のどんな映画であっても描いているのは人生であるにもかかわらず、滑稽さが出るまで突き詰めているものは多くない。どうやら人生とは滑稽だということを自ら経験した監督にしか、この壁まで近づけないようである。園子温は明らかに経験者であり、だからこそ作品の出来不出来とは別に、滑稽さが存分に出ているほうが彼の持ち味は活かされる。

最後になってしまったが、でんでんの素晴らしい演技は必見。芝居は上手いか下手かだけでなく、魅力を吹き込むことだと改めて思い出させてくれる、日本映画史上に残る悪役の登場だ。

木村満里子

冷たい熱帯魚の関連コンテンツ

インタビュー:冷たい熱帯魚

園子温最新作で、狂気に満ちた存在感を見せつけたでんでんに聞く
冷たい熱帯魚のインタビュー

国際的に評価された「愛のむきだし」で09年の話題をかっさらった、園子温監督待望の最新作「冷たい熱帯魚」。ベネチア、トロントと海外の映画祭での熱狂的な支持が伝えられてきた同作が、いよいよ1月29日に公開される。人のいい男を演じさせたら日...冷たい熱帯魚のインタビュー

関連ニュース:冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚の関連ニュース

フォトギャラリー:冷たい熱帯魚

DVD・ブルーレイ:冷たい熱帯魚

映画レビュー:冷たい熱帯魚

平均評価
3.7 3.7 (全44件)
  • 二度と 観たくないNo.1。確実に。観てる間も別の事をやりながら観ないようにして観てた唯一の作品。あまりのグロさに耐えられなかった。それだけ人間の狂気を描いた監督が凄いのだろうが私は受け付けなかった。 ...続きを読む

    がい がいさん  2014年10月5日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • 苦手…… 私がこんな映画慣れてないので、怖い、気持ち悪い…でした(ToT) 後半ずっとしかめっ面(>_<) こんなこと、ホントにあったら恐ろしい(+_+) 俳優さん、演技は素晴らしいですけどね! あ、女性... ...続きを読む

    めぐみ めぐみさん  2014年9月1日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ぐろてすく 久々に邦画を観た気がする。 題名に付いている熱帯魚という単語は、 話に於ける核の一つかな感じる。 死体を魚に食べさせるところ 行きた魚をわにに食べさせるところ 下品で淫らな欲情の表し方がすごくう... ...続きを読む

    二階堂 二階堂さん  2014年8月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 冷たい熱帯魚のすべての映画レビュー
  • 冷たい熱帯魚の映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る