まほろ駅前多田便利軒のレビュー・感想・評価

まほろ駅前多田便利軒

劇場公開日 2011年4月23日
52件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

訳ありの結婚生活を経験している×1の2人。 便利屋をとおして2人の...

訳ありの結婚生活を経験している×1の2人。
便利屋をとおして2人の結婚観や友情を描いている。

山下はどこかで見た、と思ったら中華料理屋でお金をむしり取ってた男だったんやね。

どうも言動が変わってるなーと思ったら、それは結婚や生い立ちが影響していて、深かった。
浮気されていて、どっちの子どもか分からないのに、素直にかわいいと言えるだろうか。僕にはできないな。

キッスィ
キッスィさん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雰囲気は好き

空気感は好きだけど、
便利屋の仕事が雑すぎて余興でやっているようにしか見えないことも含めて、
彼らからはあるべき庶民の必死さみたいなものが感じられず、
今一のめり込めなかった。

それと松田さん、雰囲気はあるんだけど台詞が棒では?…
松田優作の物まねにツッコミを入れたところは少し面白かった

もりり
もりりさん / 2017年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

★ かったるい

便利屋とか私立探偵とか言った稼業に自由人の匂いを、ひしひしと感じますね。
好きな人(もしくは自由に憧れる人)はたまらなく好きな映画じゃないかと思うけど、刺激のない単調な会話劇って感じで、ただただ退屈。
そもそも映画の舞台を架空の街にする必要ってあんの?
ま、それも自由なんだけど、
でも俺はどうも苦手だね、こんなのは。
口直しにR-18のエログロ映画でも見るとしますか。

みつまる。
みつまる。さん / 2016年6月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

平成の福音ムービー

私も含めた失われた10年世代のための映画。

また「まほろ」の舞台設定の郊外の鬱屈した小さい地域感が何とも逃げ場がなく、そこで生きていくしかないと言う宿命を引き受けて向き合う多田と行天のコンビは我々の世代の生き方なのかもしれん。

今ってこういう感じだよなぁ。

映画としても暖かく気持ちよい

ポテサラ
ポテサラさん / 2015年10月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

瑛太と松田龍平の空気感がいい感じ! 行天と多田の不思議な関係。その...

瑛太と松田龍平の空気感がいい感じ!
行天と多田の不思議な関係。その他キャラクターの個性爆発加減が大好き。
由良公のくだりで中華屋さんで餃子食べるシーンはジーンとする。
多田が過去に息子を死なせてひまったことを告白するシーンとラストに多田が行天に再会するシーンも印象的。
最初観た時はゆるいっていう印象しか無かったけど、回数重ねるたびにメッセージ性を感じる。普通やけど普通じゃないまほろ。生きるとは何か、愛情とはなにかを考えさせられる。

css.
css.さん / 2015年4月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後まで観ると温もりに包まれる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作は未読。過去2作共に観る人を選ぶ作風の監督でしたが、今回は意外や意外。ぱっと見て雰囲気は緩く、とても見やすい。だけど…。

内容は親子関係に関して、愛情のすれ違いを。時には愛憎渦巻く確執を…と、考えさせられる内容でした。

しかし最後まで観ると、どこか救われる様な温もりに包まれる。そんな不思議な映画です。

登場する親子関係を見ていて感じるところ。弱者の立場にある子供達は、今の状態にある閉塞感をただ受け入れているだけだ。

少女は大好きなチワワと離れ離れになってしまった現実も、ひたすら我慢するしかない。
母親に気を使っている少女を絶えず見ていたからなのか、チワワはいつも震えている。

母親の冷めた愛情の表現に多少の抵抗を見せる由良公ですら、若くして既に諦めの胸中をすら見え隠れさせている。だからこそDVDを見ては、この結末は一体どうなるのだろう?と凄く気になっている。

ただ1人だけ義理の母親に抵抗をする男が暴力的な行動を起こす時に、映画は澱んだ空気を切り裂く様に隠されたヴェールが次第に明らかにされていく。

親にとって見ても子供は大切な存在。たとえそれが子供から疎まれていたとしても。

「でも知りたいんだ…人はどこまでやり直せるのか。」

映画の後半で、「お前は傲慢で身勝手だ!」と罵る多田に対して行天が言う。

人生に於いてはゲームの様なリセットボタンは存在しない。
行天にとっては、自分の存在が“子供”にとっての山下の様な目線で思われているのではないのか?多田と再会するきっかけは実は…。

自分と山下とは似た者同士の合わせ鏡。立場が逆だったなら…そんな自問自答を繰り返す。だからこそ自分を傷付けさせる事での“禊ぎ”的な意味だったのかは、本人のみぞ知るところ。

多田にとっては、「子供が死んでもあれはハッピーエンドでしよ」と行天が語るアニメは、過去を思い出し「ふざけるな!」と、ついつい怒鳴ってしまう辛い物語。

だからこそ「誰かに必要とされるって事は、誰かに希望になるって事でしよ!」の行天の言葉には頷いてしまう。

チワワにとっては少女が母親であり。母親の愛情が薄い由良公には、多田も行天も自分の過去を見つめて父親的な感情が芽生え始める。

俗物的な言い回しでは、小指は<子供>の意味を表す。
切り取られた小指が無事に再生された様に、映画の最後にはその後の温かな親子関係が、ひっそりと観客に向けて伝えられる。

そうそう。多田便利軒にとっての常連さんは、監督にとっては実の父親であり。弁当屋は実の弟だったりするし。瑛太が放つあの一言は松田龍平の父親の名台詞のサービスだったりするのであった。

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年4月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この胡散臭い感じ、好きです。笑

ふたりの男と彼らと出会う人々の、未来と過去のおはなし。

便利屋にしてもじゃもじゃの見た目、あまりにも胡散臭い(笑)

静かな中に時々笑いもあり。たくさんの人と出会って物語がだんだん繋がっていく感じが良い!

映像や音楽はゆったりしていながらも、話のテンポは良く、気持ちよく引き込まれることができました。

ときどき仄めかされる過去の闇も、会話の間も、個人的にとっても好みです!

彼を救ってあげられないのかな、と思いながらエンディングを見たので、続編があると知って今から期待。DVDを借りてこようと思います。

面白かった!

つん
つんさん / 2015年3月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作が主人公の日常と心の中の葛藤とか変化を描いているので、映画も地...

原作が主人公の日常と心の中の葛藤とか変化を描いているので、映画も地味な作りになってしまうのはしょうがないかな。でも感受性が豊かではないので、映像だけから主人公の内面を読み取るのは難しい。

gashi_n
gashi_nさん / 2015年3月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャスティングが大好物

瑛太と松田龍平が主演なんて大好物過ぎる。
脇役に至るまで「この人しかない」という配役だった。
肩の力が抜けてくすくす笑えてたのしかった。20代前半友だちと一緒に住んでた時を思い出した。
長くいると妻よりも空気のような存在になって、楽しかったなぁ。しかし、30代でこの生活は嫌だなとも思ってしまった。
ドラマから入ったのだけど、若干ラストは間延びしてたような気もするけど、ちょろちょろと次のエピソードの人物が現れたりして、まほろという町が本当にあって、そこに生きてる人がいるようにみせる演出が良かった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2014年12月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感想

小説の方が内容や設定が細かく先に映画を観るべきだったと残念に思ったけど、大切な部分は変わらない。行天が好き。

みれい
みれいさん / 2014年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

邦画版現代風スタンド・バイ・ミー

スタンドバイミーと比べて鑑賞すると、重なる部分や対になる設定が多くて、意図して製作したと思ってしまうほどだった。まほろという狭い町の中で、彼ら2人が1年を通して痛快かつシリアスな時を過ごす。シーンが進むにつれ、気づいたら不器用な2人にどんどんのめり込んでいた。

ヒット
ヒットさん / 2014年11月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

微笑ましい

今まで(理由もなく)毛嫌いして
観なかったのですが新作ができたということで思い切って観てみました。
二人のやり取りがなんだか微笑ましく感じました。
内容もくだらないことかなって(勝手な偏見と先入観で)思っていたのですが
そんなことは一切無くて
多田と行天のキャラ設定があるからこそ
伝わることばかりでなんだか懐かしい気持ちにもなりました。

タテスジコ
タテスジコさん / 2014年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小指の思い出 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まほろ駅前で便利軒を営む多田と偶然バス待ちをしていた同級生の行天が出会う事から始まる奇想天外な便利屋家業。

チワワの里親探しから小学生の塾の迎え、その合間を縫うようにバスの間引き運転の見張り。

多種多様な依頼から薬の密売へと話しは進行し、危ない事に巻き込まれていく。
そんな中、行天の過去と多田の過去が明らかになる。
お互い順風満帆な人生は歩めずどこか影がある。そこが人情味溢れる彼らの良さかもしれない。

中学生時代に負わせてしまった行天の小指の傷。それこそが2人を繋ぐ赤い糸となっているようだ。

2人の息の合った演技も自然でよい。

eriee
erieeさん / 2014年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まほろ市があれば住みたい(笑)

多田と行天の訳有りコンビが最高!!
多田便利軒があったら
利用したい!!(笑)
何度見ても飽きない作品で
大好きです!!
子供を送り迎えする依頼の話が
特に好きかなー

ハナメ
ハナメさん / 2014年10月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本語セリフ

洋画オンリーだったがたまたまTSUTAYAで目についたこの作品。これに出会って邦画も見始めた。字幕じゃわからない日本語セリフの面白さ。「なんで?」一つのセリフにしても字幕じゃ一つだが日本語だと言い方で面白さが全く違ってくる事を教えてくれた作品。ラストの瑛太の捨て台詞。かっこよすぎでしょ。原作本を読んで更にこの作品を好きになった。もちろん原作が先ですよね?「なんじゃこりゃ〜!」のセリフ。松田龍平だから尚更可笑しい。若い子にわかるのかな?原作本の「愛すると言う事は愛したいと思う気持ちをもらう事」だったかな?しをんさんのファンにもなりました。

がい
がいさん / 2014年10月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

相棒感がたまらない

多田と ギョウテン、2人の掛け合いや空気感がたまらない!
男同士のツレって感じは、やっぱりいいよね。
そう思える友達はやっぱり大切にしないとね。

ギョウテンは、ちゃらんぽらんなダメ男に見えるけど、実は暗い過去や、それを覆すようね優しさを持っている。
人を第一印象や、言動で勝手に判断したりしたらダメだなあと改めて思った。

あと、2人の孤独感が、なんかいい。かっこいい。
寂しくて、孤独でも、かっこ良くありたい。

とっしー
とっしーさん / 2014年7月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい

結局、癒されてしまう。
何度も繰り返し観てしまう、そして、その関係に憧れる。
こんな、「友人関係」が欲しいって思う。

結局のところ、よい映画なのだと思う。

螺旋
螺旋さん / 2014年6月25日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うらやましい

多田と行天の静かな友情に憧れます。
性格も生き方も全然違う二人が、何となく一緒に生活していくなかでお互いのことを理解していく、果たして自分にそんな友人はいるだろうかと考えてしまう。
とりあえず、瑛太と松田龍平で成り立っている映画のような気がする?

pal
palさん / 2014年6月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっとしたこと

力んでいる瑛太と常に脱力の松田龍平の凸凹感にぐっとくる。
そんなふたりが紡ぎ出す、じんわりと伝わってくる「真摯さ」が好き。

大森南朋と高良健吾がよい

nanana828
nanana828さん / 2014年6月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

朴素

没看过原著不好说呢~
松田龙平的确能驾驭这种角色呢
瑛太啊、铃木杏啊、都是演技派啊
大森南朋演家庭主夫太有亮点了

tinkerialc
tinkerialcさん / 2014年2月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

52件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi