小さな村の小さなダンサー
ホーム > 作品情報 > 映画「小さな村の小さなダンサー」
メニュー

小さな村の小さなダンサー

劇場公開日

解説

中国出身の名ダンサー、リー・ツンシンの半生を、「ドライビング・ミス・デイジー」のブルース・ベレスフォード監督が映画化し、バーミンガム・ロイヤル・バレエのプリンシパル、ツァオ・チーが主演を務める。1961年、中国・山東省の貧しい村に生まれ育ったリーは、毛沢東夫人・江青の文化政策により、家族から遠く離れた北京で舞踏学校に通うことになる。愛国心をあおる厳しいバレエの特訓になじめず落ちこぼれていたが、やがて新天地アメリカでその類いまれなる才能を開花させていく。

作品データ

原題 Mao's Last Dancer
製作年 2009年
製作国 オーストラリア
配給 ヘキサゴン
上映時間 117分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

毛沢東政権下の中国政治に翻弄された、あるバレエダンサーの半生
小さな村の小さなダンサーの映画評論・批評

バレエのバの字も知らない11歳のリーが、身体能力を認められて舞踏学校に入学するシーンで、やっぱり!と思った。北京オリンピックの頃にテレビで見た、中国の卓球選手強化策と同じだ。選手がまだ小さいうちに骨密度から将来の身長を割り出し、背が高...小さな村の小さなダンサーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全6件)
  • ●苦難の歴史を踊る。 中国人ダンサー、リー・ツンシンの激動の半生を描いたドキュメンタリー。時代に翻弄され、家族と引き離され、しかし今では世界的ダンサーとして活躍する。ラストは涙なくしては観られない。 原題は、’Mao... ...続きを読む

    うり坊033 うり坊033さん  2016年7月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 実話ゆえの感動 バレエの舞台シーンがとにかく素晴らしい!ですが、ただのバレリーナのサクセスストーリーではありません。 文化革命の真只中の中国や亡命先アメリカとの対比、時代背景、思想とかとっても分かりやすく描かれ... ...続きを読む

    nuna nunaさん  2014年10月5日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 77点 中国共産党、政治的利用のために育成されたダンサー あめりかへいく。 はつげん、行動に制限がある。中国は簡単じゃないよね ・・そりゃアメリカ渡ったら こうなるよー=3 ノンフィクションだけど、 現在の 東トルキスタン・ちべっと・ブータンにおける中国せいふの蛮行をみ... ...続きを読む

    2013年4月10日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「小さな村の小さなダンサー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi