愛の勝利を ムッソリーニを愛した女
ホーム > 作品情報 > 映画「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」
メニュー

愛の勝利を ムッソリーニを愛した女

劇場公開日

解説

「肉体の悪魔」「夜よ、こんにちは」のマルコ・ベロッキオ監督が、ファシズムの創始者ベニート・ムッソリーニを愛し続けた女性、イーダの半生を描く。熱心な社会主義者だったムッソリーニはいつしかファシストに転向してしまうが、彼に恋をしていたイーダは変わらずムッソリーニを愛し続けた。イーダは全財産をかけてムッソリーニを支援し、身も捧げて長男を授かるが、正妻のいるムッソリーニはイーダを徐々に遠ざけていくのだった。2009年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品。日本ではイタリア映画祭2010にて「勝利を」のタイトルで初上映。11年劇場公開。

作品データ

原題 Vincere
製作年 2009年
製作国 イタリア
配給 エスピーオー
上映時間 128分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第62回 カンヌ国際映画祭(2009年)

出品
コンペティション部門
出品作品 マルコ・ベロッキオ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ムッソリーニにすべてを捧げた愛人の数奇な生涯
愛の勝利を ムッソリーニを愛した女の映画評論・批評

「20世紀最大の発明は、映画、ファシズム、精神分析」と言われるが、マルコ・ベロッキオの新作は、ムッソリーニへの偏執的な愛に殉じたイーダの数奇な生涯を凝視することで、20世紀そのものの酷薄な命運を透かし彫りにする傑作である。神を否定し、...愛の勝利を ムッソリーニを愛した女の映画評論・批評

他のユーザーは「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi