ただひとりの父親
ホーム > 作品情報 > 映画「ただひとりの父親」
メニュー

ただひとりの父親

劇場公開日

解説

父親の育児を題材に、心に傷を負った人間の再生を穏やかに描いたハートウォーミングドラマ。30歳のカルロには生後10カ月になる娘のソフィアがいるが、両親に娘の世話を任せきりにしていた。しかし両親が長期休暇で家を留守にするため、カルロがソフィアの面倒を見ることになる。カルロは慣れない育児に戸惑うばかりだったが、ジョギング中に出会ったフランス人のカミーユと親しくなり、その出会いがカルロを少しずつ変えていく。「イタリア映画祭2008」で上映され(映画祭上映時タイトルは「ただ、ひとりの父親」)、15年、同映画祭の人気作品を集めた特集上映「Viva!イタリアvol.2」で劇場公開。

作品データ

原題 Solo un padre
製作年 2008年
製作国 イタリア
配給 パンドラ
上映時間 93分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ただひとりの父親」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi