バイオハザードIV アフターライフ インタビュー: ミラ・ジョボビッチ、ウェントワース・ミラー、アリ・ラーターを直撃!(3)

ホーム > 作品情報 > 映画「バイオハザードIV アフターライフ」 > インタビュー > ミラ・ジョボビッチ、ウェントワース・ミラー、アリ・ラーターを直撃!(3)
メニュー

バイオハザードIV アフターライフ

劇場公開日 2010年9月10日
2010年9月8日更新

前作「バイオハザードIII」から登場したクレア・レッドフィールド役で、シリーズ2度目の出演を果たしたアリ・ラーター。今回のクレアは、アリスに負けじとクールなアクションも見せ、兄クリスとの共闘も果たすなど原作ファンにもうれしい活躍が目立つ。妊娠7カ月でふくらんだお腹を抱えながらも来日したラーターに聞いた。(取材・文:編集部)

アリ・ラーター インタビュー
「新しい技術を使った撮影に興味があったの」

お腹の子どもと一緒に来日 お腹の子どもと一緒に来日

――3年ぶりにクレアを演じてみての感想は?

「声をかけてもらったときは、とてもワクワクしたわ。しかも、今回はポールが直接監督するというからなおさらね。彼はものすごいゲーマーで、『バイオハザード』のことを熟知しているから、そういう人が指揮をとることは、とても良いことだと思うし、演じるほうにとってもうれしいことなの」

アリスと一緒に戦うアクションシーンは映画の白眉 アリスと一緒に戦うアクションシーンは映画の白眉 [拡大画像]

――あらためてアンダーソン監督と仕事をしてみていかがでしたか?

「実は3作目の撮影時、監督(ラッセル・マルケイ)の具合が悪くなった際に、いくつかのシーンでポールが直接監督をしたことがあったの。だから私も今回がポールと初めての仕事ではないのだけど、彼はとにかく頭のいい人で、原作ゲームのファンがどういうものを欲しているかということを、すごくよく分かったいるんだなと思ったわ」

――監督と主演女優が夫婦でずっとシリーズを続けているという、少し珍しい環境だと思うのですが。

「2人はお互いに素晴らしい協力者よ。作品をつくるうえで、協力して自分たちで作っているという雰囲気がある。ポールは、ミラがセットにくるとパッと目が輝くのよ(笑)。お互いをすごく尊敬しているし、ポールはミラの意見も尊重しているんだなというのが、とてもよく見えたわ。私はミラとの共演シーンが多かったけれど、彼女は本当にプロ意識の強い人。心を開いて、共演者と一緒にそのシーンを作り上げていこうとする人なの」

――今回はとても重要なアクションシーンを担っていますが、大変だったところは?

3D撮影にも意欲的に臨んだ 3D撮影にも意欲的に臨んだ [拡大画像]

「私は体を動かすのが大好きなので、アクションシーンはすごく楽しませてやらせてもらったわ。ただ、今回は3Dカメラを使って撮影していたわけだけど、カメラそのものがまだ新しい技術で、さまざまな問題も抱えていた。途中でオーバーヒートして動かなくなってしまったりとか。この映画の撮影で使われたカメラは、実際にジェームズ・キャメロンが『アバター』の撮影で使っていたものなの。実際の撮影に使われるのがまだ2作目だから、カメラマンの人たちもいろいろ試行錯誤し、学びながら撮影をしていたけど、そこに楽しみがあったと思う。それに私が今回出演を決めたのは、そうした新しい技術を使った撮影に興味をもったからというのもあるの」

――今回はアリスが力の一部を失うことで、クレアの存在が大きくなり、時にはアリスを引っ張る場面もありました。演じていてクレアの成長を感じたところは?

「クレアは一度記憶を失っているけれど、そうなったことで自分の本当の価値を見つけることができたのではないかと思うの。自分に眠っていた力に気がつき、さらに上にのぼっていくクレアを演じるのは、とても興味深かった」

――クレアは原作の人気キャラクターですが、ゲームはやっていますか?

「私は全くダメなの! あれは特殊な技能を持った人じゃないと出来ないものだと思うわ(笑)」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

空間デザインのセンスに長けたアンダーソンらしい世界観が貫かれている
映画評論

T-ウィルスの蔓延でさながら焦土と化した渋谷の俯瞰で始まるシリーズ第4弾は、空間設定の巧さと場面転換の早さで視覚依存症気味の映画ファンの目を終始刺激し続ける。最新3D映像を駆使しつつ。冒頭、渋谷スクランブル交差点の地下、安藤忠雄作“宇...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全87件)
  • おうち-10 小野さん(斧さん)がゲーム以上にネタキャラ。 シリーズ史上一番つまらなかった。 ギャグにしか思えないスローモーション。 クリスはゲームに寄せててゴリゴリしてて、ウェントワース・ミラーでよかった... ...続きを読む

    かいり かいりさん  2017年10月29日 14:04  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • ストーリーがない 渋谷の場面から始まったので期待しましたが、最初だけでした。 ...続きを読む

    あっちゃんのパパと あっちゃんのパパとさん  2017年9月28日 21:48  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • もはや楽しむしかない! 唐突なストーリーでも辻褄があっていなくてもどうでもいい、アンデッドをどんどん殺せ!という感じ。もとは人間なのですけどね。見ていてブレイドを思い出した。 ...続きを読む

    buffaloQ buffaloQさん  2017年9月7日 22:29  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 光(大森立嗣監督) 殺意すら真っ向から受け止める 井浦新&瑛太の終わりなき道程
  • インタビュー Ryuichi Sakamoto: CODA 坂本龍一&スティーブン・ノムラ・シブル監督が提示する、新たな旅路の幕開け
  • インタビュー 氷菓 山崎賢人&広瀬アリス、信頼しあう“ふたり”の切磋琢磨の日々
インタビューの一覧を見る
Jobnavi