借りぐらしのアリエッティ インタビュー: 志田未来&米林宏昌監督、ともに初挑戦だった2人が振り返る「アリエッティ」

ホーム > 作品情報 > 映画「借りぐらしのアリエッティ」 > インタビュー > 志田未来&米林宏昌監督、ともに初挑戦だった2人が振り返る「アリエッティ」
メニュー

借りぐらしのアリエッティ

劇場公開日 2010年7月17日
2010年7月12日更新

天空の城ラピュタ」「おもひでぽろぽろ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」……数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリの最新作「借りぐらしのアリエッティ」が今週末より公開となる。本作は、イギリスの女性作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原作に、人間の家の床下で暮らす体長10センチの小さな娘・アリエッティと、12歳の人間の少年・翔の出会いと別れを描くファンタジードラマ。映画.comでは、主人公アリエッティの声優を担当した志田未来と、本作で長編監督デビューを飾った米林宏昌監督にインタビューを敢行。お互いに初の声優、演出を担当した2人に、本作を製作する上での苦労などを聞いた。もうひとりの主役・翔を演じた神木隆之介鈴木敏夫プロデューサーのインタビューとともにお届けします。(取材・文:編集部)

志田未来&米林宏昌監督 インタビュー

7月1日の完成披露試写会で初めてマスコミの前に登場した米林宏昌監督と、声優初挑戦の志田未来 7月1日の完成披露試写会で初めてマスコミの前に登場した米林宏昌監督と、声優初挑戦の志田未来

――まず、本作の監督をすることになったいきさつは?

米林:「僕がちょうどジブリの新入社員の採用試験の試験官をやっているときだったんですけど、その時に宮崎さんのアトリエに呼ばれたんです。そこで、宮崎(駿)さんと鈴木(敏夫)さんと社長が並んで座っていて、『演出をやらないか?』と言われました。でも僕自身は演出をやりたいと思ったことなんてなかったので、『エッ』って感じでしたよね。だからなんとかして断ろうと思いました(笑)。

それで、『演出っていうのは個人が持っている主義主張がないと駄目ですし、僕にはそれがないので出来ないと思います』ということを伝えたら、『そういったテーマはこのホン(原作本)に入っているので、大丈夫。面白いから、とりあえず読んでみろ』と宮崎さん、鈴木さんが口を揃えて言っていたので、読んでみると、やっぱり面白くていろいろアイデアが膨らむところがあったりするんですけど、いまは試験官をやっている最中だからということで、後回しにしておいたんです。すると、宮崎さん、鈴木さんが代わる代わるやってきて、『どこまで読んだ?』と聞きに来るんです。『まだ半分くらいです』と答えると、『遅い。もっと早く読め』とか言われて、それが2週間くらい続いたんですよね。

2週間も放っておいたというのも酷い話なんですけど、最後に鈴木さんの部屋に呼ばれて、どうするんだと言われ、何もわからないのに断ってしまうのも、それはつまらないなと思いまして『受けます』と伝えました。でもその時は、半分は頼まれて監督したということで、頼んだほうの責任もあると思っていたんです(笑)。それで作業に入っていくわけですけど、もし途中でどうしても駄目だったら、プロデューサーが僕を降ろすだろうと腹を決めてスタートして、今に至るという感じですね」

宮崎駿が40年間から構想していた「床下の小人たち」の映像化 宮崎駿が40年間から構想していた
「床下の小人たち」の映像化
[拡大画像]

――志田さんは声優初挑戦ということでしたが、何か特別な準備はしましたか?

志田:「準備は特にしなかったんですが、どういう現場でどういう撮影になるのかまったくわからなかったので、台本は読んで現場に行ってとにかく色々アドバイスをいただこうと思ってました」

――ジブリ作品はいろいろと見ていると思いますが、一番好きな作品は?

志田:「『天空の城ラピュタ』ですね」

米林:「志田さんはまだ生まれてないでしょ(笑)」

志田:「そうなんですけど、『ラピュタ』は父が大好きで、小さい頃から何度もDVDで見ていたんです。シータが目玉焼きをパクッと一気に食べてしまうところとか、可愛らしい絵が大好きなんです」

――いま「まだ生まれてない」と米林さんが話してましたけど、今回の企画自体も、2人が生まれる前に宮崎さんが企画していたものだそうですが、それは意識していましたか?

米林:「それは特に意識しなかったですね。でも、原作の『床の下の小人たち』を読むと宮崎さんが好きな理由がわかる気がします。まず主人公の女の子アリエッティがすごく魅力的ですよね。向こう見ずで、好奇心旺盛で、『私は行きたいところに行く』っていう意志の強い女の子なんですけど、とても前向きで、宮崎さんが創る作品のヒロインにも通じるところがあるように思います。宮崎さんは、アリエッティのそういうキャラクターが気に入ってこの作品に取りかかったんじゃないかと思うんです」

アリエッティ一家を助ける仲間のスピラー アリエッティ一家を助ける
仲間のスピラー
[拡大画像]

――今回は初演出ということでいろいろ苦労したと思いますが、どの作業が一番苦労しましたか?

米林:「アニメーターとしては15年間ずっとやってきてますけど、演出となると初めてなので、アニメーターとしては関わって来なかった人たち、つまり美術、背景、キャラクターの色彩を担当されている方々と仕事をしなければならなかったんですね。

アニメーターというのは、元々は色のない世界、つまりは鉛筆と消しゴムだけで仕事をしているので、色の世界の人たちと関わることも初めてだし、色をつけたものを見返して判断もしなくてはいけないしで、本当に難しい作業でしたけれども、いろんな人の協力があって何とか出来たという感じです」

――アリエッティ役に志田さんを選んだ理由は?

米林:「いろんな俳優さんの声のリストを作ってもらって聴いたんですけど、やっぱり(志田さんは)上手いんですよ(笑)。本当にいろいろ聞き比べましたけど、この人だったらやってくれるんじゃないかなって思って、鈴木さんたちと決めたんです。実際演じてもらって、とても合っていたと思いますね」

>>志田未来&米林宏昌監督 インタビュー その2

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

動きの中に思想を宿す老練作家と若手職人の絶妙なコラボ
映画評論

ひそやかな世界、つつましやかな暮らし。ケルトとフォークの混じり合う音楽に彩られ、排斥された小人たちの哀愁の詩が全編に染み渡る。父は衣食住に必要不可欠なものを広大な人間社会から拝借する。それは、かつて自然と折り合いをつけ堅実に生き抜いて...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

借りぐらしのアリエッティ[Blu-ray/ブルーレイ] 借りぐらしのアリエッティ《北米版》[Blu-ray/ブルーレイ] 借りぐらしのアリエッティ[DVD]
借りぐらしのアリエッティ[Blu-ray/ブルーレイ] 借りぐらしのアリエッティ《北米版》[Blu-ray/ブルーレイ] 借りぐらしのアリエッティ[DVD]
発売日:2011年6月17日 最安価格: ¥5,179 発売日:2012年6月20日 最安価格: ¥7,560 発売日:2011年6月17日 最安価格: ¥3,926
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全170件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 恋と嘘 森川葵×北村匠海×佐藤寛太、架空の世界で紡いだ普遍的な青春ラブストーリー
  • インタビュー アウトレイジ 最終章 北野武監督、大森南朋&ピエール瀧と振り返る「アウトレイジ」シリーズの美学
  • インタビュー あゝ、荒野 前篇 苦楽を共にした菅田将暉&ヤン・イクチュンが垣間見せた、揺るぎないつながり
インタビューの一覧を見る
Jobnavi