雷桜 インタビュー: 廣木隆一、黒澤組の“生き字引”も認める柔軟な監督像

ホーム > 作品情報 > 映画「雷桜」 > インタビュー > 廣木隆一、黒澤組の“生き字引”も認める柔軟な監督像
メニュー

雷桜

劇場公開日 2010年10月22日
2010年10月20日更新
画像1

廣木隆一、黒澤組の“生き字引”も認める柔軟な監督像

岡田将生蒼井優が時代劇に初挑戦した「雷桜」が、10月22日に公開される。宇江佐真理の人気時代小説の映画化に当たり、メガホンをとったのは「余命1ヶ月の花嫁」を大ヒットに導いた廣木隆一監督。作法や所作にとらわれず、現代劇にも通ずる時代劇を完成させた廣木監督に、話を聞いた。(取材・文・写真:編集部)

主演の岡田、蒼井だけでなく、廣木監督にとっても時代劇は初めてのステージ。「余命1ヶ月の花嫁」でタッグを組んだ平野隆プロデューサーからのオファーを受けた際も、特に迷いはなかったという。「内容的に時代劇っぽくなかったし、ラブストーリーを軸にしたものだったので、それだったら僕でもやれるかなというのが正直なところです。それに、優ちゃんと将生が出演するというのも魅力のひとつだった。2人とやりたいなあという思いがありましたから」

同作で岡田が演じるのは、徳川家御三卿で清水家当主でありながら、心の病を抱えて屋敷の内外で狼藉を繰り返す清水斉道。蒼井は、初節句の日に誘拐されて以来、10年以上も人里離れた山奥で野生児のように育った遊に扮した。身分の違いから、本来ならば決して交わるはずのない境遇の2人が、奇妙な木“雷桜”の前で出会い、かなわないと知りながらも運命の恋に落ちてしまう。

周囲によってがんじがらめの環境に身を置く斉道と天真爛漫(らんまん)な遊の姿は、時代という枠を飛び越え、現代を生きる我々の眼前に“愛とは何か”を真正面から問いかけてくる。そして基本的な言葉遣いや作法、所作は押さえつつ、時代劇特有の重厚さを払拭。それはある意味で、柔軟な姿勢が奏功して型破りな新機軸の時代劇を成立させたことになる。

「時代劇って、そんなに難しいことではなくて、もっとシンプルなんだという思いがあるんですよ。あんまり蝋燭(ろうそく)、畳、障子があるような時代劇ではなく、もっとロケーションを上手に使って、乗馬シーンでの疾走感を見てもらえたら、もっと楽しめると思います」

廣木監督にとって心強かったのは、プロダクション・アドバイザーとして47年のキャリアを誇る松枝彰が加わったことだろう。「天国と地獄」や「赤ひげ」といった黒澤明監督作ほか、「犬神家の一族」「どら平太」など市川崑監督作に参加。その松枝は、廣木組を「黒澤組や市川組のイメージに近い。スタッフは皆、監督を信頼している。そうやって慕うスタッフがいるのは、昔ながらの監督っていう感じがするし、だからいい作品ができるような気がしますね」と評している。

「勘弁してくださいよ。足元にも及びません」と謙そんする廣木監督だが、松枝と現場をともにした経験はおおいに刺激を受けたという。「いろいろな話を聞けましたし、一緒に仕事ができたことはすごくうれしかったですね。松枝さんは監督寄りのかたで、『監督が思うようにやったらいいんですよ』と言ってくれたんです。時代劇だから“こうしなくちゃいけない”っていう所作もあるじゃないですか。それも『別に関係ないんだ』って、さりげなく伝えてくれましたしね」

さらに、衣装を担当したのは黒澤監督の長女・黒澤和子。「すごく楽しかったんですよ、オレ」と廣木監督は顔をほころばせた。今後も特定のジャンルにこだわることなく、アクションも動物ものも撮ってみたいという。「基本的には人と人の話は撮っていきたいと思います。それと、現場が若返っているじゃないですか。今回、ベテランのかたたちとの融合ができてすごくうれしかったんですよ。そういったことは今後もやっていきたいですね」

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

喪失を埋め合わせ解放し合う魂の彷徨
映画評論

設定を聞けば出来すぎたおとぎ話のように思える。筋だけを追えば泣かせることに懸けたあざとさが鼻につくように感じる。しかしここにはアウラ(オーラ)が宿っている。それは今を感じさせる役に同化した主演俳優2人の化学反応による息づかいであり、内...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

雷桜 ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 雷桜 スタンダード・エディション[DVD] 雷桜 メモリアル・エディション[DVD] 掟上今日子の備忘録 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ]
雷桜 ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 雷桜 スタンダード・エディション[DVD] 雷桜 メモリアル・エディション[DVD] 掟上今日子の備忘録 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2011年5月4日 最安価格: ¥3,046 発売日:2011年5月4日 最安価格: ¥2,462 発売日:2011年5月4日 最安価格: ¥5,024 発売日:2016年5月25日 最安価格: ¥17,582
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全24件)
  • ストーリーがわかりやすすぎる 俳優さん達の一生懸命な演技がもったいなく思える位にストーリー展開が単純すぎたように思えました。せっかく長い映画なので、もう少しドラマがあってよいのではないのでしょうか。 桜の映像はとてもきれいで... ...続きを読む

    サコフリ サコフリさん  2017年4月30日 04:58  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • はっきり言ってこういう映画が世に出られることに憤慨です。 何の印象も残らない映画でした。 ストーリーも平凡です。 いくら岡田将生がかっこよくても、蒼井優がかわいくても、 中身がなければ映画は駄作。 ファンDVDでも見た方がよっぽどまし。 音楽も、時代劇... ...続きを読む

    うえあおい うえあおいさん  2016年7月1日 18:59  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • 悲恋、そしてさだめ。 蒼井優の演技が良かった。悲恋、そしてさだめ。逃げることのできない現実を受け入れなければ生きてはいけない時代。幸福ってなんだろう。 ...続きを読む

    Mana Manaさん  2015年12月26日 22:54  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 娼年 三浦大輔監督&松坂桃李が“共作”した、「今までになかった」濡れ場の撮影手法
  • インタビュー トレイン・ミッション リーアム・ニーソンが語る演技論「真実を口にするだけ」の真意とは?
  • インタビュー 曇天に笑う 福士蒼汰×古川雄輝×桐山漣 “男心”を交し合った、イケメンだらけの「曇天に笑う」
インタビューの一覧を見る
Jobnavi