流線の彼方
ホーム > 作品情報 > 映画「流線の彼方」
メニュー

流線の彼方

劇場公開日

解説

1960年代、日本のモータリゼーションの発展途上期において、自社の技術力を国内外にアピールすべく、ヤマハ発動機とトヨタ自動車が協同開発したハンドメイドの高性能スポーツカー、トヨタ2000GT。67年から70年までの間に、わずか337台しか販売されず、「007は二度死ぬ」ではボンドカーにもなった、伝説のスポーツカーの軌跡を追うドキュメンタリー。

スタッフ

監督・編集
プロデューサー
長谷川英行
関矢尚美
脚本・構成
酒井俊和
撮影
奥村知樹
音楽
サリー久保田

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
上映時間 115分

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全1件)
  • 車マニアにはたまらない作品です! ヤマハ発動機とトヨタ自動車が共同開発した日本のスーパーカー・・・。 その開発秘話ドキュメンタリー映画である。 スーパー化ブームの頃、唯一日本のスーパーカーとして人気がありましたね! いろいろ苦労... ...続きを読む

    51です 51ですさん  2010年4月1日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi