劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤルのレビュー・感想・評価

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル

劇場公開日 2010年5月8日
26件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

馬鹿馬鹿しい笑

この映画は、TVで、たまたま見たんですが馬鹿馬鹿しかったでねー。まず、オチが、安っぽく、というより、しょーもなく、突っ込みどころ満載ですが、もう一回見てあげてもいい作品でもありました。また、松平健さんの演技が、よかったです。これだったら、次回作も見てあげてもいいかな?(期待はしてないけど)

どうでもいいことですが、主題歌もよかっですよ

ココナッツ
ココナッツさん / 2014年5月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

山田上田は健在

映画評価:40点

TRICKシリーズは、基本的に全て観ています。
この作品は2度目の観賞です。

流石!TRICK
ストーリー&ボケはSPECを余裕で超えますね♪

どんなメチャクチャな霊能力にも、トリックがあり納得の出来る解説がある点は観ていて安心出来ます。

ただ今回の作品は珍しく後味が悪く、
ハゲもいるだけって感じで
他のTRICKの作品に比べて嫌いなので

この点数です。

ヨコタス@名作探検家
ヨコタス@名作探検家さん / 2014年1月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

TRICKは本編以外のところも楽しむべきです。

TRICKはハマりました。TVシリーズ、スペシャル版、劇場版、全部見てます。
TRICKの場合、かなりパターン化されているので、本編はあまり関係ないような気がします。
おもしろいのはその他のところ、いろいろありますが、私が見たいのは仲間さんのやっている山田奈緒子です。
仲間さんが見たいのではなく、仲間さんが演じている山田奈緒子。
正直言って他の役はあまり見たくないし、「ごくせん」のヤンクミでもダメ。
なぜかというと、きれいな女優さんて、意外と使えないし、魅力ない、出てくると現実感がなくなるし、高根の花的なイメージでは、絵に描いた餅で、食欲出ないからです。
だからデチューン(あえてスペックを下げて、実用性を上げること)が必要。
トリックでは、それをかなりのレベルでやっている。
山田奈緒子は、汚いアパートで一人暮らしをしている、友人も恋人もいない、売れない貧乏マジシャン(なおかつヒンニュウ)。
それに、バカでブスみたいなイメージもある。
それを仲間さんがやることで、すごいキャラになっている。
笑いがとれるし、絵に描いた餅でなく、すぐ目の前にある、すごくおいしそうな餅みたいで、食欲出るし、すごく魅力的。(まさにトリックなんだけど、たぶん草食系男子も、食べたくなるはずです。)
それを阿部さんが、実にうまく突っ込んで、最大限引き出しているし、ラブコメみたいな雰囲気も出している。
その辺が気になって、また同じようなパターンなんだろうな、と思いつつ見てしまいます。
あと、いたるところに入っている小ネタ、これはあたりはずれがはげしいけど、あたれば面白い。
今回は、全体的にあたりだったような気がします。
それから、ゲストの大物俳優の演技も楽しみ、今回は松平健さんが、とてもよかったです。
主題歌も注目してたんですが、これはBGMみたいに使われていたので、いいのか悪いのかよくわからなかった。次回があるなら、また鬼束ちひろさんにやってもらいたいです。
あと、毎度のことですが、横溝正史さんの金田一耕助シリーズのパロディーになっている作りも、あきないし、いいと思います。
最近テレビで、何回も過去の作品を再放送しているし、スピンオフ物や、新しいスペシャル版などを、映画と並行して、放送してくれるのもうれしいです。
トリックは質より量みたいな宣伝作戦でいいと思う。

Push6700
Push6700さん / 2013年3月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

松平健がひたすら楽しそう

2010年日本映画。2011年17本目の作品。テレビ版のほうもほとんど知らず、テレビ放映していたので観ました。

内容は:

1,ある霊能力者は村の守護神と重宝されていたが他界する。
2,村人は後継者を見つけるために、村に霊能力者たちを集め闘わせる。
3,そこにお馴染みの二人も居てしまうハメに。

いってみればテレビ版とのタイアップ作品のようなもので、そこの強みを活かした作りになっています。テレビ局が製作しなければ、あそこまでできないでしょうという過去の同局テレビドラマをけっこうオマージュしてみせたりしています。

だからこそ、どうして映画にする必要があったのだろうかと思ってしまいます。別にテレビで良かったんじゃないかと。

それでもサービス精神満載の本作は同ドラマを詳しく知らなくてもけっこう楽しめながらみれます。阿部寛は個人的に好きだったけど、それほど興味なかた仲間由紀恵がけっこう役にはまっていて、二人の駆け引きはなかなか笑える。

それでも、やっぱりどうしてわざわざ劇場版にする必要があったのだろうと思わざる得ない、つまり映画館でやるメリットを活かせていない小ぶりな作品に感じました。

とりあえず松平健は必見です。

あんゆ~る
あんゆ~るさん / 2011年6月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

あくまで個人的な評価点でございます^^; ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

あまりのマニアックさに
わたしは笑えたけど、これみんなわかるのかなぁ(苦笑)

堤監督、本領発揮しましたね。

『20世紀少年』でも
常盤貴子が住むアパートの表札で
『トリック』魂をチラリと見せては
いたのですが、今作は堤監督ワールド全開でした。

え~い、
自分の感想を書くには、
ネタバレなしでは無理なので、
ツボにはまったところ列挙しちゃいます!!

①貞子
②キーハンター
③暴れん坊将軍
④紙芝居(絵本)

①仲間由紀恵さんが、まだ現在みたいに
 人気のない頃、貞子役で井戸に叩き落されていたのを
 知っている人は、果たして映画館に何人いたのでしょうか。
 私と私の左隣のカップルは声をあげて笑っていたのですが、
 (全体を通して左隣のカップルとは笑いの相性がよかった)
 映画館全体が笑うほどではありませんでした。

 彼女が所属するプロダクション尾木の尾木社長が
 「嫌な顔ひとつせず、やってくれた」とコメントを
 過去に残したくらいですから、どれほどの汚れ役だったか、想像に難くはありません。

②これは野際陽子さんの書道ネタ。
 冒頭でいきなり飛び出して、
 「きたーっ!これぞトリックだ!!」と
 笑いつつテンションが一気に上がってしまいました。

③これ松平健さんだけじゃなくて、
 テレビ朝日もひっかけていますよね。

 松平健さんが白馬に跨るシーンも笑いましたが、
 仲間由紀恵さんが『暴れん坊将軍』松平健さんの
 決めゼリフを松平健さんのような表情で言い放つのに大爆笑。
 どうせなら番組の効果音と葵の紋までバックに入れちゃえばよかったのに(苦笑)

④堤監督に撮影前日に
 突然「書いてきて」と言われ
 仲間さんが徹夜で書き上げた代物。

 堤監督の指示通り
 仲間さんの自画像が
 全部、豊乳に書かれていたのが笑えました。

◇   ◇

と、笑いのツボが
記憶に鮮明に残るほど
楽しませてもらったのですが、
唯一残念だったのは、ちょっと人を殺しすぎかな。

別に最大のお目当て
久々の映画出演夏帆ちゃんまでもが
殺されてしまったからではなくって(ホントだよ)、
あそこまでの人数を殺す必要があったのかな、って思っちゃいました。

☆彡     ☆彡

テレビシリーズを見ていなければ
わからない人物模様絡みのネタも出てきて、
昨日レビューした『銀魂』ではありませんが、
「一見さんお断り」チックなものも披露されていました。

『トリック』ファンなら楽しめたかな、と思う反面、
細かすぎてわかんない人もいたんだろうなぁ、とも思いました
(わたしはトシくってるから、たまたまわかっただけ。見落としも絶対にあるはず)。

映画の評価というよりも、
完璧、個人的楽しめた度評価で4点をつけさせていただきます(笑顔)

septaka
septakaさん / 2010年12月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

飽きちゃった

最初の頃のトリックは好きでした。でもね~ずっと同じの様な気がします。さすがに飽きますよ。もう新しさは無いですね。驚きもないですし、何の映画か分かりません。どうせ映画化するなら古畑の方が良いです。もう愚痴しか出てこない映画。

ガイモン
ガイモンさん / 2010年12月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トリックらしいもったいなさ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

トリックはドラマだから楽しめるのだ

映画で同じようなことをやるとショボくなる。それが良さだと言われようとも、金を払って映画館でみるほどか?と思ってしまう…

ぉゃっ
ぉゃっさん / 2010年7月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑える?

うけを狙いすぎかと思います。
また、映画ですので、
ドラマでのCMをうまく使った進め方が
できないのも微妙だったのかもしれません。
つねにシーンがつながっているため、間がちょっと微妙でした。

好きなシリーズなだけに、ちょっと残念でした。

ステレオ
ステレオさん / 2010年6月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

くだらないけど

いつまでもあってほしい映画です。
おなじみの人たち。
おなじみの小ネタ、くだらなさ。
おなじみの設定…まんねり村って(笑)
そしてフレッシュな俳優陣も!
たまらないです。
映画じゃなくていいと言う人もいるけど
こういう映画も必要なんです!

nyannekon
nyannekonさん / 2010年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

定番? レッドカーペット。

期待通り。思ったとおりの出来で、ブレない。発注どおりの職人芸とも言える。意外性の破壊力はないものの、レベルをきっちりと押さえるのも高度な技術と言えるかもしれない。
 多少なりテレビ版も劇場版も鑑賞しているので、ギャグを拾えた。ただ、一般作品として評価するとオタク要素が大きすぎて厳しくならざるを得ない。まぁ、記念作品だから、ターゲットもピンポイント。さすがの技術力だ。
 刺激的に見せて実はさっぱり。さらっと見て、さらっと帰る。後には何も残らないが、そういう作品であった。
 まったくもって期待通り。

小太郎
小太郎さん / 2010年6月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バッサリ!!

安定株ですが、何が違うかといえば・・・レギュラー陣の扱い。まさにバッサリ、オイシイ部分だけ使う(笑)
おかげで、華麗なるマンネリをうまく料理していますね。
後半は、シリアス過ぎる感じもありますが・・・問題なく面白いです!!
ただ、同じ謎解きをカブせ過ぎるのは気になりました。

bz2099
bz2099さん / 2010年6月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

10年経ってもくだらないv ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

特に映画館で観る必要ないんじゃない?と思う作品^^;
そして、いつもそう思いつつ観ている作品でもある。
まぁ…くだらない。それしかないな。ホントくだらない。
カミハエーリだって。なんじゃいな、それは^^;
ゼブラーマンとどっちがくだらない?と聞かれたら、
うーん…そうだなぁ^^;と考えるくらいくだらないのだが、
(まぁ起承転結がちゃんとあるからこっちのがマシだな)
そういうくだらなさやチープなギャグが好きだと面白い。
加えて私は阿部ちゃんや生瀬が好きだから、いーのだv

もうシリーズ10周年ですか…よくまぁ、飽きもせず^^;
それだけファンが根付いているということなんだろうか。
このくだらなさが何か安心感や癒しを与えている可能性
も考えられるが(っていうか推理に着目せい!だけれど)
どう考えても夜中にグダグダやってる方がいいぞと思う。

さて今回のゲストは、大御所で松平健、若手で夏帆、
佐藤健なのだが、皆それぞれにいい味を出している。
こういうドラマでもちゃんとそれなりに(爆)演じられる
演技の幅?というものを皆さん兼ね備えているみたいだ。
なので…私はそこそこ楽しめた。まぁ肝心の種明かしは
それほどでもなかったけれど^^;

生瀬演じる矢部の出番が少なかったのが残念だが^^;
(まぁドラマもやってたしね)
佐藤健がすごい訛りで延々と話していたのが良かった。
大河でもいい演技してるけど(汗)電王はもういいのぉ?

どうでもいい話だが(どうでもいい感想しか書けないし)
マツケンが「ばんさんけつまー、ばんさんけつまー」と
唱えていたのを、しばらく何のことか気付かなかった。
あー情けない^^;

(それで上田、ホントはなんて言いたかったの?山田に)

ハチコ
ハチコさん / 2010年5月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キメ台詞を聞きたかった

4/14に一ツ橋会館で、劇場版TRICK霊能力者バトルロワイヤルの試写会を見て来ました。
私はTRICKはテレビでも見たことが無く、初めて見ました。

ギャグがお寒く、周りが大爆笑だったけれど、私は付いて行けず・・・・

大ファンらしき方が真後ろの席だったのですが、
大ファンの笑いのツボを刺激するところがたくさん有ったようで、
その方は大袈裟過ぎるほどに大爆笑していてビックリしました。

それにしても、「TRICK」と言えば、あのセリフなのに、
肝心のキメ台詞を仲間由紀恵さんが言わないのは残念!
見たことが無くても、あのキメ台詞を聞きたかったのにぃ~。

映画で撮るほどでもない、ドラマで良かったのでは?と思える映画でした。

みっちゃん777
みっちゃん777さん / 2010年5月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かったです。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

小ネタがあって笑えた。TRICKはまだまだ楽しめますね!
矢部は髪じゃなくて首が伸びてた。
スピンオフドラマで主役になってたけど今回も活躍の場はなし(笑)

ポンタンタン
ポンタンタンさん / 2010年5月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあ楽しめる

トリックはドラマからずっと全てみているので小ネタでそこそこ笑えた。トリック2映画版よりはよかったと思う。今回よかったのは意外に佐藤健。ミステリはある程度の演技力がないと設定自体が無理があるので、説得力がないが、思っていたよりも演技がうまいと思った。

デルフィニューム
デルフィニュームさん / 2010年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小ネタがツボでした。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

トリックらしさが出てて良かったな^^w

その分、展開自体は今までと似てましたが(苦笑)

ただ・・・ちょくちょく村の地図とかに何気なく書いてある小ネタは俺的にはかなりツボww

海賊王
海賊王さん / 2010年5月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トリック…?(失笑) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

TVからのファンには、それなりに安心(?)して見ていられるかも…

でも、
「アダモちゃん」に、「ガッツ石松」さん、「マツ健さん」なんかのTV朝日(視聴者向け?)ネタでは、いかにも、古スギだし、内輪ウケにしか、思えませんでした。

「藤木直人」さんの
せっかくの自己パロディ(なんてったって、王子様?)風怪演(!?声を聞くまで?誰だか、気付きませんでした!)
さえも、鬼気迫る…とまでは、到底いかず、軽く流してる(コント?)風にまで、見えてしまいました。

劇場版では、
TVみたいに、CMや次週までの間に、謎解きに期待感を引っ張っらせられないのは、しょうがないにしても、説明的に成りすぎてしまうのも、どうも、いただけませんでした。

以前みたく(?)、
どっかのカルト団体を批判的に扱う風でもなく(期待?していただけに「戸田恵子」さんの役?が、それ風では、あるけれど、ドウ見ても、小劇団風のソレにしか見えなかったり…)、
何か、地方(?)とか、田舎(?)を小バカにしたような、方言風の喋り口調も、ドコと特定化されない為かもしれないが、シャレ(←に、したかったんだろうけど、残念ながら…)に、なっていなかったし…

恥ずかしながら正直、云えば、ストーリーよりも(?)、
意外と
(と言ったら、失礼かッ?!)スタイルのイイ「仲間」さんや、可愛いらしい「夏帆」さんにばかり目が、イって(奪われてい)ました!

ちなみに、続編が、有りそうなツクリだったけれど、コレでは、あまりにも、期待できそうに…ない?

OverYoung
OverYoungさん / 2010年5月16日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 単純 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

DVDで十分

子供の頃に数回テレビで見たことがある程度だが、今回久しぶりにこのシリーズを見てみると随所にみられるギャグ、ネタが失笑もの。中学生が考えたのか?と思えるほど。他にも犯行のトリックはそこまで凄くないし、犯人の動機も不可解。見終わった後で初めて「あ、このシリーズはストーリーやミステリーの出来が主ではなく山田と上田の掛け合いその他ネタが主だったんだな」と気付いた。それに気付かなかった、期待していなかった自分には合うはずがない。
それにしても、アダなんとかっていうキャラクター?は出てくるたびに少しイラッとした。
気まぐれで劇場で見たが後悔の一言に尽きる。

あんてべーと
あんてべーとさん / 2010年5月14日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつも通りの展開は、安心して見られる。

冒頭のシーンは、映画ならでは、でお金かけてる。

さびれた遊園地でマジックショーをしてる山田と研究室で依頼人と面談してる上田、いつも通りのはじまりで、いつも通り小ネタギャグいっぱいの展開は、安心して見られる。

毛糸の帽子を被った夏帆と佐藤健のカップルも、ほのぼのとさせる。
昔の芸人Sさんの見慣れたギャグも、松平健さんの将軍ネタもある。

トリックの種明かしには、金田一(少年)ばりの悲しく残酷な結末も…。

脇役たちがちょっとしか出なくて、物語に絡んでこなかったのが惜しいか。

aotokage
aotokageさん / 2010年5月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シリーズ化を希望!矢部ももっと見たい。

毎度おなじみの台詞、キャラクター、展開など
期待を裏切らない作品です。

ただストーリーとしては前作、前々作に比べて
物足りなさを感じる。

エンディングの主題歌が『月光』ではなかったのも
ちょっと残念。

あと矢部の登場シーンももう少しあったらな。

2010年5月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

26件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi