ボヴァリー夫人(1989・2009)
ホーム > 作品情報 > 映画「ボヴァリー夫人(1989・2009)」
メニュー

ボヴァリー夫人(1989・2009)

劇場公開日

解説

フランス文学の最高峰とされるギュスターブ・フローベールの同名原作を、「エルミタージュ幻想」「太陽」の巨匠アレクサンドル・ソクーロフが映画化。フランスの小さな田舎町トスト。厳格な修道院で育ったエマは、夫人という肩書きに憧れ年の離れた町医者のシャルル・ボヴァリーと結婚する。しかし、エマは平凡な夫との単調な田舎生活に退屈を感じ、徐々に生気を失っていく。そんなエマを心配したシャルルは、違う町での開業を決意するが……。

スタッフ

監督
原作
ギュスターブ・フローベール
脚本
ユーリィ・アラボフ
撮影
セルゲイ・ユリズジツキー
音楽
ユーリイ・ハーニン
美術
E・アムシンスカヤ
編集
レーダ・セミョーノワ

キャスト

作品データ

原題 Spasi I Sokhrani
製作年 2009年
製作国 ロシア
配給 パンドラ
上映時間 128分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「ボヴァリー夫人(1989・2009)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi