サンティアゴの光
ホーム > 作品情報 > 映画「サンティアゴの光」
メニュー

サンティアゴの光

解説

夫と離婚し思春期の娘との関係に悩むテレサ、幼い息子を育てるために体を売るパトリシア、ベルリンの音楽学校を出てチリに帰国したものの職探しに駆け回るマリオ。チリの首都サンティアゴを舞台に、大都会の片隅で幸せを求めて生きる人々の姿を描いた群像ドラマ。2004年の「マチュカ」で高い評価を得たアンドレス・ウッドがメガホンを取る。2009年スペイン・ゴヤ賞で最優秀スペイン語外国映画賞を受賞。

作品データ

原題 La Buena Vida
製作年 2008年
製作国 チリ・アルゼンチン・スペイン・フランス合作
上映時間 108分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi