ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 インタビュー: D・ラドクリフ、E・ワトソン、R・グリント「ハリポタ」10年間に思いを馳せる

ホーム > 作品情報 > 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」 > インタビュー > D・ラドクリフ、E・ワトソン、R・グリント「ハリポタ」10年間に思いを馳せる
メニュー

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

劇場公開日 2011年7月15日
2011年7月14日更新
画像1

D・ラドクリフ、E・ワトソン、R・グリント「ハリポタ」10年間に思いを馳せる

J・K・ローリング原作のベストセラー小説を実写映画化した人気ファンタジーシリーズ「ハリー・ポッター」。2001年に第1章「ハリー・ポッターと賢者の石」が公開され、原作を忠実に再現した世界観に世界中が魅了された。8作品にわたって映画化された同シリーズも、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」で完結。命がけの冒険をくぐり抜け、互いの成長を見続けてきた主演の3人が、10年間の歴史を振り返った。(取材・文:編集部)

シリーズ最終章にあたる今作では、ハリー・ポッターら魔法使いの学び舎であるホグワーツ魔法魔術学校が決戦の舞台となる。シリーズを通してハリー役を演じてきたダニエル・ラドクリフは、崩壊したホグワーツを目の当たりにし「あれだけ巨大で立派なものが、ガレキの山という無残な姿に変わり果てたのを見て、奇妙な感覚だったね」と振り返る。

ハリーの最良のパートナー、ロン・ウィーズリー役に扮したルパート・グリントも、無惨な光景にショックを受けたという。セット破壊の現場に立ち会ったそうで、「作業する人たちがハンマーで壁を壊している様子を見て『間違っている!』と思ったんだ。僕たちが成長していった場所なんだから、特別な思いがあるんだ」と思いの丈を語った。そして、「基本的には戦争映画みたいな感じで、常に戦いがあるんだ。とても素晴らしい大作になるはず」と自信をのぞかせた。

「ハリー・ポッター」シリーズは、10年間にわたってキャラクターとともに出演者が成長を遂げることで、単なるファンタジーとしての枠を打ち破った。長年にわたって見守ってきたファンにとっては、スクリーンを通して登場人物の成長を感じられることも人気の要素であったのだろう。額に稲妻形の傷をつけた少年は、多くの冒険、友情、恋愛を経験し、魔法界の未来を担う存在になった。

ラドクリフがハリー役に抜てきされたのは、オーディションのスタッフが両親と芝居を見にきていたラドクリフを見かけたことがきっかけだった。難航していたオーディションに参加したラドクリフは、見事にハリー役を射止める。役どころと運命の出合いを果たしたラドクリフは、子役にもかかわらずマギー・スミス(ミネルバ・マクゴナガル役)、アラン・リックマン(セブルス・スネイプ役)らベテラン俳優とぶつかり合うことになった。

「小さかったころは、大ベテランとの対決シーンではやはり委縮していた。だから、自分自身のレベルを上げなければならなかった。でも、リックマンとの共演はいつも楽しいよ。素晴らしい俳優だと思う。個々のシーンの捉え方や分析が面白く、こちらも影響される。特にリハーサルでは彼の考え方を学ぶことが出来るから好きだね。大ファンだよ」

一方のエマ・ワトソンは、ハリーたちを厳しく鼓舞し、優しく支えてきた理知的なハーマイオニー・グレンジャーになりきった。演じたキャラクターを、「最初から最後までガッツある子だったと思う。苦しい局面に立たされても冷静さを失うことはない。それに、頭脳派にしては行動にちゃんと移すタイプ」と分析し、演技に臨んだ。

「ハリーとは、長い時間一緒に過ごして、いろんな苦境を一緒に乗り越えてきているから、あうんの呼吸が出来ていて、魂がひとつになっている。ハーマイオニーがバジリスクの牙を投げ、ハリーがそれをキャッチして分霊箱を突き刺し、そこへロンが走り込んで蹴る、というシーンがあったんだけど、3人がまるで時計仕掛けのようにうまく連携するの。だから、ハーマイオニーはチームワークが得意なのかもしれない」と連帯感を強調する。

いよいよ完結を迎える同シリーズ。10年間の歴史には、それぞれの抱く思いは並大抵のものではない。子役としてスタートしたキャリアの節目として、今後の自分自身を見つめる機会となったようだ。

「この10年間を一言で表現するのは時期尚早かもしれない。まだ最中だからね。自分がこの体験からどういう影響を受けたかを語るには、 大分後になってから振り返らないといけないんじゃないかな。ただ少なくとも、ものすごく楽しかったし、友だちと別れるのもさびしい。それと、これなしの生活はまだ想像がつかない。だからきっと変な感じになると思う」(ラドクリフ)

「これに終わりがくることはないと思う。どこへ行っても、この作品(の思い出が)ついてくると思うし、自分の一部になると思う。何年たっても、自分の人生の一部としてとらえることになるでしょう。撮影後、どのように感じるかはまだ分からないけどね。変な感じだけど、とにかく素晴らしい経験だったわ。こうやって選ばれて、こういうチャンスを与えられ、これを人生の一部にできたことに感謝しているわ」(ワトソン)

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ハリーが背負わされた運命の重さそのものに愕然となる完結編
映画評論

ハリーは最後に死ぬらしい……。シリーズ中盤からファンの間で囁かれていた疑問に、ついに結論が出される。だがその結末よりも、ハリーが背負わされた運命の重さそのものに愕然とする完結編だ。ヴォルデモートを倒すために払ってきた多くの犠牲も、最後...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全76件)
  • 完結 ネタバレ! ...続きを読む

    ガブ ガブさん  2017年7月30日 14:57  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 面白かった ネタバレ! ...続きを読む

    みさき みさきさん  2017年5月10日 20:41  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 熱い!、 とりあえず、熱い! 戦うシーンやアクションがとても多くて、子供には見せられないかも スネイプとネビルがいい役をしていた とにかく、今回の作品はスネイプのための映画だったかも…ネタバレシーンが印象的 ...続きを読む

    もんず もんずさん  2017年2月13日 21:27  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 彼女がその名を知らない鳥たち 蒼井優×阿部サダヲ、“共感度0%”の役にどう挑んだ?現場一丸となって作り上げた極上のラスト
  • インタビュー あゝ、荒野 後篇 菅田将暉&ヤン・イクチュン、スクリーンに焼き付けたそれぞれの存在意義
  • インタビュー ミックス。 新垣結衣&瑛太「ミックス。」で築き上げた“最高のパートナー”という関係性
インタビューの一覧を見る
Jobnavi