ファッションが教えてくれることのレビュー・感想・評価

ファッションが教えてくれること

劇場公開日 2009年11月7日
16件を表示 映画レビューを書く

不思議な感じ

ドキュメンタリーってはじめて。
プラダを着た悪魔が好きだから、みんなが演技してるみたいに感じた。
アナが優しい目をしているなぁと感じたところが印象的。

ぶーこ
ぶーこさん / 2017年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雑誌の編集長 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

以前、雑誌に広告を出稿し編集者やライター、スタイリスト、ヘアメイクなど様々な方々とお仕事させて頂いてました。この事から興味があって観てみました。プラダを着た悪魔も、もちろん観ました。

米・ヴォーグ誌って、ここまで妥協の無い仕事をするんだ、と圧倒されました。アナ編集長の妥協の無い仕事振りが、編集関係者を動かしている。彼女の首を縦に振らせるために必死に仕事をしている。クオリティの高い誌面を作り続け、ファッションの最先端を発信し続けた事が不動の地位を築き上げたんだなと。

雑誌は出来上がって店頭に並ぶまでが本当に大変ですね。本気で作る、だから読者も付いてくる。これって雑誌編集者以外のどの仕事にも共通するところがありそうです。楽しく観れました。⭐️4つです。

ひろりん
ひろりんさん / 2016年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

『プラダを着た悪魔』のモデルとも言われる米・ヴォーグ誌編集長、アナ...

『プラダを着た悪魔』のモデルとも言われる米・ヴォーグ誌編集長、アナ・ウィンターのドキュメンタリー。『プラダを・・・』も結構おもしろかったけど、こっちの方が好き。切り取った時点で「リアル」ではないのだろうけど、やはり手触りというか息づかいが伝わるようでドキュメンタリーはおもしろい。

ぽんきち
ぽんきちさん / 2015年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

モチベーションをくれる

ひとりひとりが情熱を持って仕事をしている。

妥協してはダメ、逃げてはダメと教えてくれる。

hana
hanaさん / 2015年11月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

舞台裏だから、映画というよりドキュメンタリー。

プラダの現実版てかんじだけど、あの映画を期待してみると。。
あくまでドキュメンタリー。

アナの仕事に対する姿勢はとてもかっこいい。
出てくるファッションもさすがvougueで洗練されたおしゃれ

平日シェフ
平日シェフさん / 2015年8月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鮮やかな色の裏。

プラダを着た悪魔が当時大好きだった私は、登場人物のモデルとされた女性アナ・ウィンターの存在が気になっていた。

撮影方法は至って普通のどこにでもあるドキュメンタリー。
しかし問題は、対象が華やかなファッション業界であるという事。

画面越しでも息をのむような写真ばかりが続く。
煌びやかなモデルの表情、服の質感、どれを取っても”美しい”だけでは収まらない。
その中で雑誌を作り、流行を作っていく。決断力こそが全てだ。

一流ばかりの世界でなお一線に立ち続けるアナやグレースは、感覚は違えど切磋琢磨し合える素晴らしい友人であると思う。

モデルが着ている物は買えないけれど、宝箱のような一冊には一生かかっても追いきれないほどのキラキラが詰まっていた。
”庶民には真似できないお高く止まった雑誌”のイメージが覆された瞬間だった。

誰も皆必死だ。

nano-hana
nano-hanaさん / 2014年9月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かっこいい

アナがかっこいい(≧∇≦)そしてオシャレ♡こんな女性になりたい!弟子入りしたい(笑)憧れます!ドキュメンタリーなのが更に良かったです!

asuna
asunaさん / 2014年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アナ・ウィンター最高!

感性で勝負する仕事を、とことんイク!
論理では太刀打ちできないきわみをイク仕事、これほど厳しく、冷厳な世界はないはず。

etcet
etcetさん / 2013年10月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よく途中で投げ出さなかったなぁ

得るものなし。「プラダを着た悪魔」も以前観たのでもうこの系統のはもういいや。観てて疑問だったのがアメリカ版ボーグってフランス版のそれより格が上なのかって事。アナは女王なのかって事。

自由の座
自由の座さん / 2013年2月9日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

■最良の選択かしら?妥協はダメよ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「ファッションが教えてくれること」(R・J・カトラー監督)から。
米ヴォーグ誌の編集長アナのドキュメンタリー作品。
このことに異論を挟むことはないが、
時々、これは演技なのか、素顔なのか、わからなくなる。
フィクションなのか、ノン・フィクションなのか、それさえも。
冒頭、こんなフレーズで始まる。
「ファッションのことを恐れる人は大勢いると思う。
不安を感じているからこそけなしてしまう。
ファッションについて、悪く言う人は、恐れや不安の裏返しなのね。
自分がクールなグループに属していると感じて、軽蔑したり無視したりする。
ファッションの『何か』が人々を動揺させるのね」
あぁ、私もファッションを恐れているひとりだと苦笑いした。
今回は「9月はファッション業界の新年なのよ」と言い切り、
「9月号で特集するほど、重要な価値があると思う?
もっと練り直して」と叱咤する。
「(9月は)女性は新たな気分になるの。ストーリー性が大切なの。
なぜ『特集を組む』かという視点や、重要性」とその意味を伝え、
最後は「最良の選択かしら?妥協はダメよ」と念を押した。
このカリスマ的な存在の根源は「妥協しない」という考え方だと知った。
作品最後、彼女のインタビュー。
「強みは?」の問いに、迷いもなく「決断力」と答えた姿、カッコよかった。

shimo
shimoさん / 2013年1月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結構何度も見てます。

個人的にはリアルなのでこの日常をモデルにしたプラダを着た悪魔より好きです。

一冊のvogueに色々な人の才能とアナ編集長の頑固なこだわりがつまっているのだということ
目まぐるしく動くファッショントレンドをつくりあげていく人達のスマートさと感性、色々考えさせられて自分も頑張ろうと思った。

komi
komiさん / 2012年11月24日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

きれい

たくさんの服や靴やきれいな物に囲まれて暮らすのは女の子の共通の願いですが
実際に仕事として持つのは色々苦労があるようです。
センスでやっていく仕事は、自分のセンスに自信がなくてはダメで、でも自分のセンスを否定されることはしょっちゅう。自尊心がズタボロです。劇中ではグレースがその見本(彼女もかなり素晴らしいセンスを持っているのですが)

劇中のモデルたちがさすが。
様々な表情で生き生きと写り、本当のモデルの姿はこうなのよ!と主張しているみたいに輝いています。ただ笑うマネキンではなく、表情のある人間が着る服。
写真はため息が出るようないい出来です。

日本のファッション写真はどれも同じ顔で笑っているだけなのでつまらないー。
写真家の質も、モデルの質も、雑誌の質もちがうんだなあと感じました。

いずる
いずるさん / 2011年4月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

COOL★決断力

VOGUE雑誌 9月号が出来るまでのドキュメンタリー 想像以上に凄かったw(°□°)w

意気込み・POWER・ 妥協しない・忍耐強さ・決断・前進……この作品で感じました(@д@)

一流VOGUE編集長 のアナ。仕事の時は COOLでズバッと切り捨てたり決断したり 前を向いて 生きてる女性。家に戻ると 顔の表情は和らぎ 声も優しくて 人間性があってホッとしました。

長年一緒に仕事しているグレイスもお互い尊敬し信頼してる仲なんだなって♪

とても観て楽しかったし、勉強になりました。

リンダ
リンダさん / 2010年12月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真の実力者だけが生き残る世界

米ヴォーグ誌の鬼編集長アナ・ウィンターを追ったドキュメンタリー。完璧主義を貫くアナと意見を対立させながら、独創的アイデアで自分のイメージを誌面に落とし込む敏腕編集者グレースの類まれな創造力に感嘆した。みんな結構な高齢(失礼)なのにタフでエネルギッシュでほんとにすごい!

brick lane
brick laneさん / 2010年6月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

僕には早かったかも

やっと観に行ってきました
上映して結構経ったと思ったんだけど会場には結構お客さんいてびっくり

考えてみたら自分の中で初のドキュメンタリー映画でした
作り物映画ではないのでそりゃあプラダを着た悪魔のような感じではなかったけどそれを匂わせるというかあの映画のすごさを改めて感じました

本作はというと社会の厳しさっていうかみんな一生懸命なんだなってヒシヒシと伝わってきました
まだ学生の自分にはこの映画のおもしろさを100%理解できてないんだろうなって思いました
社会人になってまた観たらこの映画の本当のおもしろさがわかる気がします
まだ自分には早かったかなぁって感じです

santaxsanta
santaxsantaさん / 2009年12月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

興味深い〜ビバ!!できる女。

「プラダを着た悪魔」のモデルになった、VOGUE誌の編集長、アナウインターのドキュメンタリー。とっても面白かったです!!
社内のスタッフや、カメラマンなどなどのやりとり&かけひきがわくわくドキドキ。出てくる服も数々美しいので、ご覧あれ。

maishimano
maishimanoさん / 2009年11月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

16件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi