昭和八十四年 1億3千万分の1の覚え書き
ホーム > 作品情報 > 映画「昭和八十四年 1億3千万分の1の覚え書き」
メニュー

昭和八十四年 1億3千万分の1の覚え書き

劇場公開日

解説

横浜で一人暮らしをする86歳の飯田進は、青年時代を戦場と牢獄で過ごしてきた。現在は戦争に関する執筆活動のほか、長男のサリドマイド薬害による被害から障害児童福祉の分野でも活動を行っている。大東亜戦争、BC級戦犯、スガモプリズン、サリドマイド、C型肝炎など、昭和という時代が抱える闇に真正面から向き合う飯田の姿を追いかけたドキュメンタリー。

スタッフ

監督
撮影
若尾泰之

キャスト

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
上映時間 84分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「昭和八十四年 1億3千万分の1の覚え書き」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi