パレード
ホーム > 作品情報 > 映画「パレード」
メニュー

パレード

劇場公開日

解説

第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の青春群像劇を、「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。主演は藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、小出恵介、林遣都。都会の片隅でルームシェアをする、健康オタクの会社員・直輝、自称イラストレーターの未来、恋愛依存症の琴美、大学生の良介の4人のもとに、男娼をしている謎の少年・サトルが転がり込んでくる。時を同じくして、町では女性連続暴行事件が多発していた。

スタッフ

監督
原作
吉田修一
脚本
行定勲
撮影
福本淳
照明
市川徳充
美術
山口修
音楽
朝本浩文

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 ショウゲート
上映時間 118分
映倫区分 G

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

平和主義ではなく、保身主義の若者たちによる共同生活
パレードの映画評論・批評

映画が始まってしばらくの間、登場人物たちの関係がよく掴めない。こいつら何者で、ここで何をしているんだ。ただ彼らの行動を見せ、会話を聞かせるだけで何の説明もしない演出が、逆に興味を増幅させる。そして一人一人を追いかけているうちに彼らの日...パレードの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全23件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「パレード」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi