シャネル&ストラヴィンスキー
ホーム > 作品情報 > 映画「シャネル&ストラヴィンスキー」
メニュー

シャネル&ストラヴィンスキー

劇場公開日

解説

1913年のパリ。シャンゼリゼ劇場でロシアの作曲家イゴール・ストラビンスキーが音楽を手がけるバレエ「春の祭典」を鑑賞したココ・シャネルは、その革新的な音楽に心を打たれる。だが、内容が急進的すぎたため、ストラビンスキーの才能が認められることはなかった。7年後、莫大な富と名声を手にしたシャネルは、難民となったストラビンスキーに別荘を提供する……。主演に「シャネル」のミューズを務めるアナ・ムグラリスと「007/カジノ・ロワイヤル」のマッツ・ミケルセン。監督は「ドーベルマン」のヤン・クーネン。

スタッフ

監督
プロデューサー
クローディ・オサール
クリス・ボルツリ
ベロニカ・ツォナベント
原作・脚本
クリス・グリーンハルジュ
音楽
ガブリエル・ヤレド

作品データ

原題 Coco Chanel & Igor Stravinsky
製作年 2009年
製作国 フランス
配給 ヘキサゴン・ピクチャーズ
上映時間 119分
映倫区分 R18+
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

大胆だが真摯な姿勢に脱帽の王道バイオグラフィー
シャネル&ストラヴィンスキーの映画評論・批評

先行のシャネル映画2本がどちらも当たり障りのない事実を配列した凡庸な偉人伝だったのに対して、「シャネル&ストラヴィンスキー」は大胆不敵。シャネルの全体像ではなく、ストラビンスキーとの愛憎劇にのみフォーカスすることで、返って観客のイマジ...シャネル&ストラヴィンスキーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全3件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi