ケータイ小説家の愛のレビュー・感想・評価

ケータイ小説家の愛

劇場公開日 2009年5月23日
1件を表示 映画レビューを書く

君は小説を書くためなら何でもやるのか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「ケータイ小説家の愛」(金子功監督)から。
う~ん、これって映画にすることなのだろうか、
そんな第一印象を引きずったまま終わった。(笑)
人気グラビアアイドル・田代さやかさんの主演作品、
そんな感じがして、コメントも何もなかった。
一時は、過激な内容で話題を独占したケータイ小説家であるが、
今は「ケイタイ」は昔の産物、「スマホ」全盛時代には、
それまた、お笑いの一発屋と同様、その陰は薄い気がする。
ただ時代が変われど「超短編小説」「ショートショート」なる
素人の手による気軽な読み物は、これからも続くと思われる。
そしてまた、その作家は、ウケる話題づくりのために、
いろいろな経験をしなければ・・を理由に掲げ、
危険なジャンルにまで手を出していく。
その驚きに満ちた言葉が、作品の中に登場する。
「君は小説を書くためなら何でもやるのか?」
セックスを経験しないと、官能小説は書けないと思っているし、
ドラッグや暴力も、よりリアルに書くために自ら経験するなんて、
私には到底考えられない。
「この子の小説は、嘘がないからウケるんだ」という台詞と
「小説のネタになってください」と男にすがる女性に違和感を覚えた。
小説なんてみんな想像で書いているんだ、と誰かが教えなくちゃ。

shimo
shimoさん / 2013年7月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi