イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ
ホーム > 作品情報 > 映画「イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ」
メニュー

イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ

劇場公開日

解説

叶姉妹の姉・恭子のエッセイ「トリオリズム」を基に、イタリア人女性監督エリーザ・ボロニーニが映画化した官能映画。敬虔なクリスチャンの祖母の下で厳しく育てられた少女ジョルジャは、イタリアの田舎町で花を売りながらつましい暮らしを送っていた。そんな彼女が、漆黒の髪を持つゴージャスな美女KOKOとの出会いによって女性としての喜びを知り……。叶恭子がKOKO役で自ら出演し、濃厚なラブシーンを披露。

スタッフ

監督
製作
古川陽子
撮影
マウラ・モラーレス・ヘルガマン
編集
金子芳恵
音楽
書上奈朋子

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 東京テアトル、ポニーキャニオン
上映時間 73分
オフィシャルサイト  

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

イルベントエレローゼ ~愛するということ~
イルベントエレローゼ ~愛するということ~
2012年2月17日
¥500
ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi