短い労働の日
ホーム > 作品情報 > 映画「短い労働の日」
メニュー

短い労働の日

劇場公開日

解説

1976年、ポーランド中東部の工業都市ラドムの労働者たちが、食料品の高騰を理由に暴動を起こした。やがてポーランド中に広がった暴動の様子を、ポーランドが生んだ名匠クシシュトフ・キエシロフスキー監督がドラマ化。1981年に製作されたが、事件の真相を浮き彫りにした同作は政府の検閲によって上映禁止となり、その後も劇場公開されることはなかった。キエシロフスキー監督死後の1996年にテレビ放映された。

キャスト

作品データ

製作年 1981年
製作国 ポーランド
配給 ワコー、グアパ・グアポ
上映時間 74分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「短い労働の日」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi