つみきのいえのレビュー・感想・評価

メニュー

つみきのいえ

劇場公開日 2009年3月7日
7件を表示 映画レビューを書く

海の底に沈んだ思い出

忘れてないと思っても忘れてるよね。大事なことって。

回想シーンからリアルに戻るところが切なかったな。
たまには乾杯しないとね。

a.
a.さん / 2017年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パイプと辿る人生 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人生、家族の変化、暮らしが詰まったいえ。温暖化で海面が家に迫っては、家に石を積んで階上に新しい家を作り、住み替えて生活を積み上げてきたおじいさん。家の下には過去の家が積み上がって海の中。
そこに潜ってどんどん下に潜っていくと、家を遡るとともに過去も遡って蘇り思い出が溢れて来る。
1人が夫婦になり、夫婦が家族になり、娘が結婚してまた夫婦に戻り、一緒に過ごしてきた妻を看取ってまた1人のおじいさん。積んである家の大きさが、家族の頃は大きいけれど、新しく家を積むと元より小さい面積になるから、どんどん小さくなっているのがおじいさんの人生と重なる。
寂しそうに見えるけれど、最後に注いだワインはおばあさんの分と2人分。この人生一緒に色々あったねって事なのかな。若き日のおじいさんとおばあさんで一緒に積んだ事もあった家の上に、今のおじいさんの暮らしは成り立っている。
海面上昇のために、昔おばあさんと走り回った野原はもう深い海の底で、家の周りは全部海。人との交流にも船が必要。そういう世界にして良いものか、考えさせられる。一方、海面上昇の設定があるから、おじいさんの人生の変化が縦に詰まれてわかりやすい。
終始色鉛筆のタッチがおだやかな懐かしさと寂しさを表現していて、俯瞰で描かれた街の風景は海バージョンのスノーマンや、魔女の宅急便を彷彿とさせる。

MAPLE
MAPLEさん / 2017年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絵本が動いたら……

絵本を持っているので、短編映画があったのでレンタルで。この世界観好きです!

海(カイ)
海(カイ)さん / 2017年2月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

積んできた

映画評価:55点

この物語は12分しかない
そして無言

だから視聴者の理解力に委ねられている。

おじさんの家は積み上げられている
これに関しては、おじさんが家族と積み重ねてきた思い出の様

そこへ水が上がってくる事で、
過去を振り返っていく、築き上げてきた懐かしい物が浮かんでは消える

とても感慨深いです

短い作品ですので、気になるなら
レヴュー等見ないで、作品を見て下さい

ヨコタス@名作探検家
ヨコタス@名作探検家さん / 2013年11月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

過去だって振り返って良い

過去への道を閉ざせば、現在は今と未来でできている事になる。

今から未来へと目を向けるために、それも必要な事である場合もあるかもしれない。

ただ未来へと目を向け今を作り上げる事に行き詰まったなら、過去を振り返るべきなのかもしれない。

その過去を積み上げてきたのは紛れもなく自身なのであり、振り返る事が今の自分と向き合い、今を生きる事につながるだろうから。

Satoru
Satoruさん / 2012年11月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

積んできた幸せ。

まずはアカデミー賞短編アニメ賞受賞、おめでとうございます。
すごい!やりましたねぇ。
物語をぜんぜん知らなかった私は、受賞時のTV映像が初めてで、
あ~、これはあの「岸辺のふたり」によく似ているな~と思った。
今作を素晴らしいと感じた方は、是非観てほしい作品。
たった8分間で、こんな感動が作れるのか!?と思うほどの
完成度の高さ、2001年アカデミー賞を受賞した短編アニメの名作。

あちらは父と娘の長きにわたる物語だったが、
今作はおじいさんとおばあさんの想い出を綴る物語になっている。
温暖化で水面が上昇する町で、水没していく我が家を積み増し、
上へ上へと引っ越しを続けてきたおじいさんがある日、
大切なパイプを階下へ落してしまう。
意を決して潜ったおじいさんの目に飛び込んできた風景は…。

懐かしさと切なさが入り混じった物語が、ゆったりと感動を誘う。
誰しもが経験するであろう人生の喜哀を優しいタッチで描いている。
人生は上へ上へとつみきのように重なっていくが(歳もね^^;)
かけがえのないものは、その下へ下へ土台となって連なっていく。
ふと見つめ直した幸せに、孤独以上の感謝を捧げたくなる作品。

惜しむらくは…長澤まさみのナレーション。
彼女のまったりとした声と語りはこの作品を崩してはいないが、
本来の短編に語りは必要ない。映像そのものが物語なのだ。
補足するなら…子供の質問に両親が答えてあげるのがいちばん。

(大好きな人と添い遂げる幸せ。この先幾人が味わえるんだろう)

ハチコ
ハチコさん / 2009年3月26日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アニメで

ナレーションの長澤まさみが良いね。
もっと他の作品が見て見たい。
そしてもう少し長い作品も見たいな^^;

ガッツ
ガッツさん / 2009年3月8日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  単純 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi