ウィッチマウンテン 地図から消された山のレビュー・感想・評価

ウィッチマウンテン 地図から消された山

劇場公開日 2009年7月4日
10件を表示 映画レビューを書く

ディズニー映画だったんだ

所々観るのやめようかなと思うほどつまらなかったけど、たまに口がポカンとしてしまう急展開でなんだかんだ最後まで観ていた。

ちろ
ちろさん / 2017年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアル

ストーリーがなかなかリアルで良かった(^-^)

ゆみこむず
ゆみこむずさん / 2017年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

懐かしSFストーリー

楽しめました。なんか懐かしい感じで。
題名からもっと大人っぽい映画を想像してました。まっすぐなジュニアSFって感じ、わかりやすいスッキリしたストーリーで良かったです。

タクシー運転手・ジャック役のドウェイン・ジョンソン、甘すぎず辛すぎず、普通っぽいけど普通じゃなくて好演でした。

グッドラック
グッドラックさん / 2010年11月4日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いいです。

この映画の対象は、
子供向きの映画です。中学生まで。

だから家族で楽しめる。ストーリーもまあまあ。

エイリアン好きにはグー。

k66gunso
k66gunsoさん / 2010年7月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子どもと一緒に楽しめるSF映画!

ディズニー映画らしい直球勝負のSF。コンパクトにまとまっていて、楽しめた。リメイクらしいが、もちろん前作は観ていない。設定がむずかしすぎず、悪役もはっきりしていてわかりやすい。異星人もすべて悪とかすべて善などという描き方でないのも現実的。また、安っぽい作りではなく、それなりにお金もかけて描いているところも好感が持てた。ザ・ロックが柄にあった役柄で、よかった。SF映画って、むずかしすぎたり、怖すぎたりするのが多いので、こういう健全な映画もあっていいと思う。

瑞
さん / 2010年2月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほのぼのと楽しむべき映画

自ブログより抜粋で。
--
 訳あって地球にやってきた宇宙人兄妹が、タクシードライバーとともに奪われたUFOを取り返すために米軍の秘密基地のあるウィッチマウンテンを目指すというお話。
 一見SFサスペンス風の題材だったが、ディズニー製作であることからもわかるように、夏休みシーズンらしい子供も楽しめるファミリー向け映画でした。

(中略)

 まさにディズニー・チャンネルでも観てるかのような、ゆるーい雰囲気だなぁと思いながら観ていたら、1975年製作の『星の国から来た仲間』(ジョン・ハフ監督)という古典的映画のリメイクなんだそうだ。
 どおりでどこか懐かしい雰囲気を漂わせているわけだ。ディズニーお得意のファミリー向け映画として、あえてチープさを残して再映画化したわけね。

 だからまあ、突っ込みどころは結構満載。
 超能力で大金を強奪した宇宙人兄妹は車の運転もできるのに、あえてタクシードライバーに運転をお願いするし、敵に追われる切羽詰まった状況でも車に乗るときはちゃんとシートベルトを締めて出発します。彼らを追う国防省の連中はラスベガス中の監視カメラを駆使して、あっという間に街中から二人を見つけられたのに、なぜか見晴らしのいい荒野ではタクシーを見失う。

 ここまで触れなかったけど、宇宙人兄妹は別の宇宙人暗殺者からも追われていたりする。
 この悪者がまた、ターミネーターな任務を負った姿を消せないプレデターって感じで、既視感アリアリで微笑ましい。

 “Race to Witch Mountain”(ウィッチマウンテンへのレース)という原題のわりに、いざウィッチマウンテンへ行くぞ!ってなってからはあっという間に着いちゃったのもご愛敬。
 ひとっこひとり近づけない厳重な警備のはずの秘密基地も、なんかあっけなく潜り込めたぞ(笑)。

 そんなこんなでサスペンスアクションな筋書きだけど、それを期待すると肩すかしを食らうこと必至。あくまでファミリー向けであることを肯定的に受け止めて、ほのぼのと楽しむのが吉。
 そういう意味ではディズニーらしく手堅く作られていて、安心して観られる。夏休みのお子さんと親子でハラハラドキドキ楽しみたい。
 と、言いたいところなんだが、そのくせ日本語吹き替え版をやっていないのは、手抜きじゃないのかねぇ。

かみぃ
かみぃさん / 2009年10月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ディズニー映画に期待しすぎ!?

予告編が面白そうだったので
興味を持ち観ました。
しかも、ディズニー映画!・・・ってことで
大いに期待大!!!
そのせいか観終わったときは、
何だか気が抜けてしまいましたね^^;

若干キャストもイマイチだったよ~な・・・
まっ!アナソフィア・ロブは
相変わらずキュートで可愛いかったけどね。
彼女は「チャーリーとチョコレート工場」の頃から
気になっていた女優さんの1人。

ラストはさすが!ディズニーって感じでよかったですね^^
主人公のジャックが愛車に乗るシーンには笑えました\(^o^)/

ある意味とても異色なSF映画。
こんな宇宙人だったら私も逢ってみたいかも(笑)

        7月7日MOVIX伊勢崎にて観賞

ゆりこ
ゆりこさん / 2009年7月13日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ディズニー映画だったのね。

「ヴィレッジ」のような作品かと思い、何の予備知識もなく見ました。
すると、予告編で、やたらとディズニー映画の予告編が多かったので、もしや・・・とその時に気付きました。
ディズニー映画でした。

そう思って見れば、それなりに楽しめる。
小学生の子供と一緒に、家族揃って楽しく見られそう。

「チャリチョコ」「テラビシア~」で、存在感のあったアナソフィア・ロブと、その兄役のアレクサンダー・ルドウィグ。
二人の、宇宙人ぽい?顔立ちが良い。

ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロックだよね~)もなかなかのはまり役。

プレデターもどきの宇宙人の、最後の使い方は良いな。
欲を言えば、兄妹の特殊能力をもっと発揮させ、もっと派手に暴れても良かったのに。

りりー
りりーさん / 2009年7月7日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思いがけずよかった

なんの予備知識もなしに見たけど、何気に面白かった。SFとか好きじゃないけど、こう言う展開なら、好きかも。
宇宙人が宇宙人ぽくないし。なんか新鮮でよかったです。

ぷらねっと
ぷらねっとさん / 2009年7月1日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

SFと思いきや、カーアクションがメインの作品でした。姉弟の宇宙人らしさがいいですね。

 禁断のエリアの謎を解く作品かと思いきや、『逃亡者』のような追いつ追われつというハードなアクション作品でした。

 追われる者は、地球人の少年少女に変装したサラとセスの姉弟。追っ手は、姉弟を捕獲して、異星人の秘密を解剖しようとする合衆国政府の特殊機関と彼らの母星の軍部が放った刺客のサイボーグ。姉弟の母星は、存続の危機にあり、地球の適正についてふたりは調査にきていたのでした。もしふたりが無事に帰還しなければ、地球人は危険分子と判定され、侵略されることなっていたのです。
 ただ母星の軍部は強硬派で、姉弟の活動を妨害するばかりか、ふたりの抹殺まではかったのです。
 そのため姉弟の乗ってきた宇宙船は、たしか強奪されて地球へ不時着。宇宙船は合衆国政府が秘密裏に収納し、極秘の基地を作り管理していたのでした。

 姉弟は、宇宙船を取り戻すべく、合衆国政府によって地図から消されたウィッチマウンテンを目指します。特殊機関がふたりの捕獲を手ぐすね引いて待ち受けているのにです。
 そんな無謀な宇宙人姉弟を助けるのが、タクシードライバーのジャック。彼はただのドライバーでなく、一時はプロのレーサーを目指したほどの腕前。でもマフィアのボスの運転手を務めたのが運の尽きで、足を洗ってからも、執拗にボスの運転を強要されていたのでした。
 そんなジャックが一見家出風の姉弟を客として拾ったことから、姉弟を巡る大捕物に巻き込まれてしまいました。

 ジャックのタクシーと追っ手のマフィアかと思いきや実は政府の特殊機関との激しいカーチェイスは、アクション映画かと思うくらいの激しさでした。何とか彼らの追及をかわしたものの、宇宙船の起動装置を回収したところで出会ってしまう刺客のサイボーグから追われてしまいます。全身が兵器のようなサイボーグからは、逃げの一手。
 ジャックの卓越した運転で振り切ったかと思いきや、今度は空から追いかけてきます。 唯一安全な場所はトンネルでヤレヤレと思いきや、向こうから貨物列車が走ってくるではありませんか!この絶体絶命のピンチをどう切り抜けるのかが最大の見せ場でしたね。
 まぁ何で姉弟が自分たちの乗ってきた宇宙船の奪還のためにこんなに苦労しなくちゃいかんのか、イマイチ納得していない小地蔵なので、どなたかストーリーを補完してください。

 アクション映画顔負けのど派手なアクションに加えて、ユーモアもたっぷり効かせています。UFOを信じようしないジャックに姉弟が超能力を使って、驚かせたり、そんなジャックが真剣にUFOの存在を警察に説明しようとするところが滑稽でした。
 また、以前客として乗せて馬鹿にしたUFO研究家のフリードマン博士に対して、ジャックの態度の変わりようも見物です。何せ本物の宇宙人姉弟を従えて、博士に地図から消されたウィッチマウンテンのありかを聞き出しにきたのですから当然ですね。
 このときベガスで開催されていた宇宙博覧会に参加している参加者のUFOオタク度の凄まじいのです。博士すらなじられるほどオタッキーな連中でした。

 けれども、ラストのエンディングロールでは、ジャックとフリードマン博士のコンビは、UFOオタクたちに神のように崇められる権威となっています。
 さて、姉弟たちは無事に鉄壁の要塞のような秘密基地から宇宙船を奪還できるのか。ジャックとフリードマン博士の間にどんな変化があり、オタクたちに神となるのか、ぜひぜひスクリーンで確認ください。
 姉弟の演技が、無機質なところもあって、宇宙人らしさがよく出ていたと思います。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2009年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi