戦場でワルツを
ホーム > 作品情報 > 映画「戦場でワルツを」
メニュー

戦場でワルツを

劇場公開日

解説

フランスのセザール賞ほか数々の賞に輝き、第81回アカデミー外国語映画賞にもノミネートされたイスラエル映画。2006年のある夜、旧友に呼び出された映画監督のアリは、26匹のどう猛な犬に追われる悪夢に悩む話を聞き、それは自分たちが従軍した82年のレバノン侵攻の後遺症ではないかと疑う。しかし自分に当時の記憶が全くないことに気付いたアリは、その謎を解こうとかつての戦友たちを訪ねるが……。監督のアリ・フォルマンの実体験に基づいて製作されたアニメーションの意欲作。

作品データ

原題 Waltz with Bashir
製作年 2008年
製作国 イスラエル・ドイツ・フランス・アメリカ合作
配給 ツイン
上映時間 90分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第81回 アカデミー賞(2009年)

ノミネート
外国語映画賞  

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

受賞
最優秀外国語映画賞  

第61回 カンヌ国際映画祭(2008年)

出品
コンペティション部門
出品作品 アリ・フォルマン

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

真正な記憶を探求することは<パンドラの箱>を開けることでもある
戦場でワルツをの映画評論・批評

ふと、アラン・レネの「二十四時間の情事」を思い起こした。レネは「君はヒロシマでなにも見ていない」「いえ、私はすべてを見たわ」という男女の会話を通して、戦争の悪夢の記憶が、いかに主観によって修正され、捏造されるのかを詩的かつ切実に問いか...戦場でワルツをの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全12件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi