ハゲタカ : 映画評論・批評

メニュー

ハゲタカ

劇場公開日 2009年6月6日
2009年5月26日更新 2009年6月6日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにてロードショー

映像に緊迫感はあるが、TV版を見ていない人には少し分かりにくい

日本のバブル崩壊後を背景にした07年のNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」(全6話)は、毎週欠かさずに見ていた。上司の命令で融資先の経営者を死に追いやった銀行員の鷲津政彦(大森南朋)が、トラウマを抱えながら外資で日本を買い叩く徹底的合理主義のハゲタカに生まれ変わる人間の二面性がおもしろかったし、ステディカムを多用した映像にビビッドな臨場感があった。TV版を演出した大友啓史の監督デビュー作になる映画版「ハゲタカ」には大いに期待した。

物語は、リーマン・ショック以後の世界不況を反映し、中国系ファンドと日本の自動車メーカーの買収をめぐる攻防戦を描く。アカマ自動車のホワイトナイトになる鷲津の動機が曖昧だし、レギュラー陣の柴田恭兵、栗山千明、松田龍平らのキャラクターが描ききれていない。TV版を見ていない人には、ちょっと分かりにくい部分があるかもしれない。そのぶん中国系ファンドを率いる劉を演じる玉山鉄二が、憎まれ役にもかかわらず突出したカッコよさを見せる。

お金はボーダレスだし、善悪も関係ないからこそ、単に数字のお金に振り回される人間の欲や悲喜劇が生まれる。経済は生ものなので映画化は難しいが、かつては「金融腐食列島 呪縛」のような傑作もあった。大友監督は映像に緊迫感があるし、映像化しにくいテーマに挑戦する意欲もある。日本VS中国というだけでなく、倒産や派遣切りといった現在の深刻な問題に、もっと深く切り込んで欲しかった。

(垣井道弘)

関連コンテンツ

インタビュー

大森南朋が語る、天才ファンドマネージャー・鷲津政彦
インタビュー

1990年代中盤から2000年代前半にかけての日本経済の“失われた10年”と、外資ファンドによる“企業買収”というテーマを絡め、大反響を巻き起こしたNHKのTVドラマ「ハゲタカ」の映画版が今週末ついに公開を迎える。天才ファンドマネージ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ハゲタカ Blu-ray Disc BOX[Blu-ray/ブルーレイ] ハゲタカ DVD-BOX[DVD] 映画 ハゲタカ[Blu-ray/ブルーレイ] 映画 ハゲタカ[DVD]
ハゲタカ Blu-ray Disc BOX[Blu-ray/ブルーレイ] ハゲタカ DVD-BOX[DVD] 映画 ハゲタカ[Blu-ray/ブルーレイ] 映画 ハゲタカ[DVD]
発売日:2009年5月20日 最安価格: ¥11,828 発売日:2007年7月18日 最安価格: ¥9,601 発売日:2010年1月15日 最安価格: ¥4,536 発売日:2010年1月15日 最安価格: ¥3,110
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全22件)
  • ドラマを見てないとちょっと物足りない… ドラマがあったことを知らずに見たら、人間関係や過去の話で少々ついていけず… やっぱり全部見ておくべきですね!笑 ただ初見でもストーリーは一本完結なので、十分に楽しめました! 悲しい過去と資... ...続きを読む

    つん つんさん  2015年7月10日 21:15  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • グリードは悪? 原作は全て読んでいました。 映像で観るのはコレが初めて。 大枠は原作から借りているものの、鷲津・芝野の設定や立ち位置が微妙に異なるんですね。鷲津のパートナーや飯島他の人物たちも同様に。 確かに... ...続きを読む

    Nori Noriさん  2014年11月10日 08:08  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 海外のルールが日本を侵略? 海外の資本が無防備だった日本企業を食い物にしていく。今は日本も勉強し防御を固め、ハゲタカも日本を勉強し、日本に合った買収をするようになってきているが、日本人の目を覚まさせてくれたドラマであり映画... ...続きを読む

    佐ぶ 佐ぶさん  2014年6月24日 23:23  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi