U2 3D
ホーム > 作品情報 > 映画「U2 3D」
メニュー

U2 3D

劇場公開日

解説

アイルランド出身の世界的ロックバンドU2が05年から06年にかけて行ったワールドツアー“VERTIGO”の南米公演をデジタル3D映像で再現したライブドキュメンタリー。「U2/魂の叫び」(88)とは異なり、インタビューや舞台裏映像は一切無く、臨場感たっぷりのライブ映像のみで構成されている。監督は、長年U2のライブのビジュアルデザインを手掛けてきたキャサリン・オーウェンズと、「隣人は静かに笑う」「プロフェシー」のマーク・ペリントン。

作品データ

原題 U2 3D
製作年 2007年
製作国 アメリカ
配給 ナショナル・ジオグラフィック・エンターテイメント、さらい
上映時間 85分
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

この映画の音と映像のギャップについてボノはどう思うだろうか
U2 3Dの映画評論・批評

映画ファンから見れば3Dでの上映なんて邪道でもあるわけだが、ここまで3D技術が進歩して来ると、いよいよそうも言ってられないんじゃないかと思う。何せ、この映画では、本当に目の前でボノが歌う。まるで「私」のためだけにその歌が歌われているよ...U2 3Dの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全1件)
  • 新しい映画時代の開幕 U2ファンでなくとも3D映画の可能性を考えさせる映画です。 それなりに楽しめます。ましてやU2ファンならたまらない映画でしょう。 ...続きを読む

    チェス チェスさん  2009年3月9日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi