劇場版「空の境界」第七章 殺人考察(後)
ホーム > 作品情報 > 映画「劇場版「空の境界」第七章 殺人考察(後)」
メニュー

劇場版「空の境界」第七章 殺人考察(後)

劇場公開日

解説

奈須きのこの同名小説を原作に、万物の死を見ることのできる能力「直死の魔眼」を持つ少女・両儀式の苦悩と戦いを描いた人気アニメ劇場版「空の境界」7部作の最終章。かつて連続殺人事件が世間を騒がせた際に自らを人殺しと称した両儀式と、そんな彼女の無実を信じ続ける黒桐幹也。1999年、連続殺人事件の再発と時を同じくして、式が幹也の前から忽然と姿を消した。幹也は式の無実を証明するため捜査を開始するが……。

スタッフ

監督
原作
奈須きのこ
脚本
平松正樹
キャラクター原案
武内崇
キャラクターデザイン
須藤友徳
高橋タクロヲ
小船井充
作画監督
須藤友徳
高橋タクロヲ
小船井充
美術
衛藤功二
撮影
寺尾優一
松田成志
音楽
梶浦由記
アニメーション制作
ufotable

作品データ

製作年 2009年
製作国 日本
配給 アニプレックス
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全3件)
  • 風呂敷をたたむ事の難しさ はっきり言って「空の境界」は5章で楽しませることは終わってしまってるんですよね・・・。 伏線の回収というやるべきことはあるんですが、事件もバトルもイマイチ見所に欠けます。 ...続きを読む

    ジンクス ジンクスさん  2016年12月25日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 式が望んでいたもの。 ネタバレ! 織と式が本当に望んでいたモノ。 幹也を失って初めて気付いた不安。虚無。 当たり前だと、無くならないものだと思っていた日常が崩れる事で生まれる脱力感。 全体を通して見えてくるのは、式が織を認め受け... ...続きを読む

    冥府之闇猫 冥府之闇猫さん  2016年1月7日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • まとめてレビューします 奈須きのこ伝奇小説を、全8部作でアニメ映画化。 以前WOWOWで放送して録画しておいたこのシリーズを、先日ようやく一気見。 完結編である第七章にて、まとめてレビュー。(最終章は30分くらいしかな... ...続きを読む

    近大 近大さん  2012年5月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi