東洋宮武が覗いた時代
ホーム > 作品情報 > 映画「東洋宮武が覗いた時代」
メニュー

東洋宮武が覗いた時代

劇場公開日

解説

第2次世界大戦中、アメリカの市民権を持つにも関わらず強制収容所に収容された東洋宮武は、収容所内で手製のカメラを作り、そのカメラで収容所の実態を記録した。東洋の500枚の写真と、東洋と親交があった写真家アンセル・アダムスとエドワード・ウェストンの作品と共に、収容所の真実と日系人の歴史を描くドキュメンタリー。

スタッフ

監督
脚本
すずきじゅんいち
エグゼクティブプロデューサー
上利浩二
鈴木隆一
プロデューサー
岡野進一郎
撮影
小渕将史
本間秀幸
音楽
喜多郎
ナレーション
ジョージ・タケイ

作品データ

原題 Toyo's Camera
製作年 2008年
製作国 アメリカ、日本
配給 フィルムヴォイス
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi