女バス
ホーム > 作品情報 > 映画「女バス」
メニュー

女バス

劇場公開日

解説

アメリカ・シアトルの高校女子バスケットボール部に7年間密着したスポーツ・ドキュメンタリー。本作が劇場デビューとなるウォード・セリル監督は、ワシントン州のスポーツ名門校の弱小女子バスケ部“ラフライダーズ”が州チャンピオンに輝くまでの7年間を撮り続けた。試合の模様だけでなく選手の日常もカメラが捉え、アメリカのハイティーンにおける人種や格差までも問題提起している。

スタッフ

監督
製作総指揮
ラリー・エステス
製作
ウォード・セリル
リズ・マン
音楽
ジ・エンジェル
ナレーション
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス

作品データ

原題 The Heart of the Game
製作年 2006年
製作国 アメリカ
配給 グラッシィ
上映時間 98分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • コートは戦場だ! ネタバレ! 「獲物の眼を見ろ!」 「獲物を仕留めろ!」 「血を求めろ!」 よくバスケットは格闘技である…と言われるが、そうじゃない。 コートは戦場だ! シアトルのある女子高校バスケットを数年間掛けて追い掛け... ...続きを読む

    松井の天井直撃ホームラン 松井の天井直撃ホームランさん  2015年3月30日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi