彼女の名はサビーヌ
ホーム > 作品情報 > 映画「彼女の名はサビーヌ」
メニュー

彼女の名はサビーヌ

劇場公開日

解説

「冬の旅」「仕立て屋の恋」の主演女優サンドリーヌ・ボネールが、25年の歳月をかけて自閉症の妹を撮影した初監督作品のドキュメンタリー。11人兄弟のサンドリーヌには、陽気で芸術的才能の豊かな1歳年下の妹サビーヌがいた。自閉症であることで馬鹿にされたり、姉妹兄弟が自立して家を出ていくと、サビーヌの孤立感は増していき、28歳時には精神病院に入院することになる。5年後、サビーヌは変わり果てた姿で退院する。

スタッフ

監督
脚本
サンドリーヌ・ボネール
カトリーヌ・キャブロル
撮影
サンドリーヌ・ボネール
カトリーヌ・キャブロル
プロデューサー
トーマス・シュミット
音楽
キャロ・ディアロ
ニコラ・ピオバーニ

作品データ

原題 Elle s'appelle Sabine
製作年 2007年
製作国 フランス
配給 アップリンク
上映時間 85分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「彼女の名はサビーヌ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi