頭のない女
ホーム > 作品情報 > 映画「頭のない女」
メニュー

頭のない女

解説

第5回スペイン・ラテンアメリカ映画祭上映作品。アルゼンチンで歯科医として裕福に暮らすベロニカは、ある日一瞬のわき見運転で何かを轢き逃げしてしまう。夫や親族はベロニカを庇い、全て無かったことにしようとするが、ベロニカの心には“誰かを殺したかもしれない”という大きなトラウマが根深く残る。アルゼンチンの保守的な富裕層の人々と、その背景に見え隠れする多くの混血の貧者が暮らす社会をシビアに描く。

スタッフ

監督
ルクレシア・マルテル

キャスト

作品データ

原題 La Mujer Sin Cabeza
製作年 2008年
製作国 アルゼンチン・スペイン・フランス
上映時間 87分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「頭のない女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi