おなじ月の下で
ホーム > 作品情報 > 映画「おなじ月の下で」
メニュー

おなじ月の下で

解説

第5回スペイン・ラテンアメリカ映画祭上映作品。メキシコからアメリカへと渡り、不法労働で家計を支える女性ロサリオは、毎週日曜にロサンゼルスの公衆電話から息子カリートに電話をかける。そんな生活が4年続き、9歳になったカリートは母に会うため、国境を越える決意をする。警察の取り締まりや不法入国者を狙う犯罪組織などの危機を、アメリカ社会に生きるメキシコ人たちの助けや偶然の旅仲間エンリケと乗り越え、カリートは母がいるはずの公衆電話を目指す。

スタッフ

監督
パトリシア・リヘン

キャスト

作品データ

原題 La Misma Luna
製作年 2007年
製作国 メキシコ、アメリカ
上映時間 106分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi