未来を写した子どもたちのレビュー・感想・評価

未来を写した子どもたち

劇場公開日 2008年11月22日
4件を表示 映画レビューを書く

すべての子供に未来はある。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

名画座にて。

2004年度のアカデミー長編ドキュメンタリー賞受賞作品。
公開時のことをまったく覚えておらず^^;
さらにこのチラシに映る子供達の姿からも、まさか、
そんな境遇に置かれているとは知らずに観に行ってしまった。
「闇の子供たち」と抱き合わせだったことを考えれば、
どんな作品かの想像はついただろうが…かなり衝撃だった。

インド・カルカッタにある巨大な売春窟。
そこで生まれた多くの子どもたちは、売春婦である母親の
手伝いをし、女の子であれば一定の年齢に達すると自らも
客を取らされるようになるという。なんともはや…(T_T)
それがもう何世代にもわたって続いているのだから驚きだ。
その売春婦の母親にはなんと、夫もいれば母親もいる。
つまり、一家総出で違法な売春行為で生活をしているのだ。
子供たちは、母親の仕事をもちろん承知している。
一生この世界から抜け出せないことも悟っている。
なのに、あの笑顔である。

冒頭のインタビューから、子供の生命力はスゴイと感じる。
愛らしい笑顔で自分の生活を語り、カメラを手渡されれば
飛び回って町中を撮り巡る。それもこれも、彼らには先生、
フォトジャーナリストのザナ・ブリスキがいるからである。
彼女が彼らに関わることによって、彼らの将来が
何かしらの希望をもって迎えられそうな気配が見えてくる。
当然その方向に彼女は活動を開始するのだが、現実は重い。
売春窟の子供を受け入れる学校はなく、パスポートも取れない。
彼らの中には類まれなる才能を発揮する子供もいるのだが、
その未来は、いとも簡単に潰されてしまうのである。

一個人の活動など、大した効果を生むわけがない。
そう思ってしまえばその通りかもしれないが、そこを何とか、
自分にできることはないのだろうかと、必死に動き回る彼女に
「闇の子供たち」でいうところの宮崎あおいの運動が重なる。
なんとしてでも。の気持ちには、それに応える場所が必ずある。

しかし一方で、どんな境遇の子供であれ、彼らには親である。
母親の口汚い罵りに耐え、涙を流し、抜け出したいと訴えつつ、
家族の元へ戻るのも子供たちなのである。これも否定できない。
簡単に割り切れない、他人には入れない境界線も存在する。

(今の日本家庭では、親子間に境界線が出来てしまったけど)

ハチコ
ハチコさん / 2009年4月12日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

映画が世界を変えることがあると信じたい

インドの貧民街である売春窟に暮らす子どもたちの姿を捉えたドキュメンタリー。放っておいたら売春をする側にまわりかねなかったり、犯罪に手を染めてしまいかねない子どもたちを見捨てておけないジャーナリスト兼写真家の監督が、彼らにカメラを与え、表現することの楽しさ、自分たちの可能性について、彼らに根気よく説いていく。

現実は、それほど簡単なものではないけども、この映画を通して売春窟から抜け出せた子どもたちがいた。ハリウッドの娯楽作もいいけれど、時にはこういった硬派な作品がヒットして欲しいと切に思う。内容は堅苦しいだけでなく、子どもたちの自然体の笑顔にあふれているので、興味を持った方はぜひぜひ観て下さい。映画が世界を変えることがあると信じたくなる1本です。

ダース平太
ダース平太さん / 2008年12月15日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地球市民として成長しました

アカデミー賞受賞作品なのに5年も経ってやっと公開。
もっと早く観たかった!何故ならこれを5年前に観ていれば、もっと有意義にやさしく地球市民として生活できたのに!
これを観て自分の中で起こった差別や教育、慈善活動に対する意識革命は、とてつもなく大きかった。こんなにやさしくなれるなんて!
この映画に感謝してます。

Energie
Energieさん / 2008年11月20日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

知る事、行動することの大切さ

この映画は、映画という領域を越えてます!
映画自体が子どもたちを救うプロジェクトなんです!

子どもたちに写真を教えただけなく、彼らの学校に行く手続きまでして、子どもたちの未来のために奔走したザナ、あなたは凄い!

決して、つらいドキュメンタリー映画ではなく、子どもたちの笑顔、子どもたちの言葉、そして画面に映し出される子どもたちが撮った写真の数々に、ただただ圧倒されます!

ブリッジクロス
ブリッジクロスさん / 2008年11月20日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi